000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2006.10.31
XML
カテゴリ:アメリカ映画


  初の有人火星探査船カプリコン1に打ち上げ直前トラブルが発生、3人の飛行士は国家的プロジェクトを失敗に終らせないため、無人のまま打ち上げられたロケットをよそに地上のスタジオで宇宙飛行の芝居を打つ事になる……。NASAが仕組んだ巨大な陰謀談を、ジャンルの選択が難しいほどにありとあらゆる要素を叩き込んで造り上げられた極上のエンタテインメント。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  アポロ11号が月面着陸に成功したのは1969年。
現在ではそれが事実かどうか疑われたりもしています。
一般ではムーンホークス説と言われているそうで、ことの始めはキリスト教根本主義思想からスタートした疑惑なんですね。

私が初めてこの説を知ったのは、UFO特集などのバラエティ番組でした。(こういう番組好きです)
月面での映像ここがおかしい!というような議論をしていて、確かにそうと思えるような内容を単純に信じ始めたのがきっかけでした。
ソ連に負けじとムキになって行われていたアポロ計画。
巨額の資金をかけて、ソ連にリードするためなら、アメリカはなんだってしたのではないでしょうか...そんな気がして、今でもやっぱり捏造説が自分の中には居座っています。



レオさんおすすめのこの作品。そんなこともあり気になっていました。
舞台を火星に移し、NASAによる陰謀を描いたサスペンスです。
ジャンル分けが本当に難しい、ありとあらゆる要素が楽しめる極上のエンタテイメントでした。

国家の威信とNASAの予算が懸かった打ち上げ当日。
三人の宇宙飛行士は、突然機内から降りるよう命じられます。
機体に不備が見つかったというのです!
開発予算の懸かったこの打ち上げを中止にはできないNASAは、そのまま打ち上げを予定通り遂行。
ロケットは無人のまま宇宙へ打ち上げられ……地上に残された三人は、驚きと動揺を隠せないまま、拘束されカメラの前で火星着陸の演技をするよう強制されるのです。


カプリコン・1
「火星を見立てたセット」



人類として初の火星着陸を果たすはずだった飛行士たちは、家族に危害が及ぶことを恐れ命令に従います。
ただひとり、ブルーベーカー(ジェームズ・ブローリン)だけは最後まで苦悩し続け、電波を通じて妻との対話にわずかな陰謀のヒントを残すのです。


電波の発信源があまりに近い事に気付いたのはステーションで働くひとりの科学者。
彼から話を聞いた友人の新聞記者コールフィールド(エリオット・グールド)は、その友が突然失踪したことに不安を感じ、自らも命を狙われ、大きな陰謀が隠されていることに気付き始めるのでした。
ブルーベーカーと妻の会話になにかあると信じて、妻の話を頼りに、ひとり確信に迫っていくコールフィールドの活躍は見所です。



カプリコン・1
新聞記者コールフィールド(エリオット・グールド)



大気圏突入を失敗させて、NASAがカプリコン・1を抹殺したと知った宇宙飛行士たちは、次は自らの命が危ないことに気付き、軟禁されていた軍事施設からの逃亡を図ります。
砂漠をそれぞれの方角に逃れ、見つかったら照明弾で知らせることを約束して――

ここからのサバイバルアクションもかなり面白いです!
ブルーベーカーと、ウィリス(サム・ウォーターストン)、そしてウォーカー(O・J・シンプソン)の三人。
飲み物も食べ物もほとんどないまま、追っ手からふらふらになりながらも逃げ続ける面々、果たしてどうなってしまうのか。。
砂漠で試されるのは精神力あるのみ。
蛇にかぶりつくシーンではほんとにヘビーでしたが・・・・
正義感と誇りを失わなかった者だけが助かるという、冒頭からの繋がりもいきていますね。


撮影に使われた軍事施設を見つけたコールフィールドが、農薬散布のプロペラ機をチャーターして砂漠に逃れた三人を探す件では、そう上手くはいくまいという思いはありましたが...とにかく楽しいのであまり気になりませんでした。
ラストの展開も爽快です。すっきりした幕切れも、主人公の笑顔もいい。



ブレーキの利かない車が街を暴走するシーンや、スカイチェイスなど、圧巻のアクションシーンが多くて見応えも十分。
当時は批判的な内容からすぐに製作にのせることができなかったという異色なストーリーや、NASAの協力で作られた見事な火星探査機などの映像も(内容を知った途端、協力は打ち切られたそうです)一見の価値あり。
話題性もあっておすすめです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



監督・脚本  ピーター・ハイアムズ
製作  ポール・N・ラザルス三世
撮影  ビル・バトラー
音楽  ジェリー・ゴールドスミス  
出演  エリオット・グールド 、ジェームズ・ブローリン
     カレン・ブラック 、テリー・サヴァラス
     サム・ウォーターストン 、O・J・シンプソン








Last updated  2007.08.09 23:41:56
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.