1303005 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2006.12.16
XML
カテゴリ:ソ連・ロシア映画

  近未来、未知の惑星ソラリスの軌道上に浮かぶ宇宙ステーションで異常事態が発生。その調査のために心理学者クリスは地球を出発する。到着したステーション内は荒れ果て、先発の3人の科学者は皆、狂気の淵に立たされていた。そして、クリス自身も数年前に自殺したはずの妻ハリーの姿を目撃し、言い知れぬ衝撃を受ける。だがそれは、人間の意識を反映して具現化させるソラリス表面のプラズマ状の海の仕業だった……。

    
 『ソビエト映画回顧』と称して懐かしのロシア映画を上映している「蠍座」にて。「2001年宇宙の旅」と双璧を成す作品で、どこでも評価の高い傑作SF、初鑑賞です。

3時間の大作は、哲学的で人間の内面を描き出す、大きなテーマを持っています。それなのに、予想以上の眠魔に襲われてしまい、何度か意識がとびました。感想もろくに書けないくらい(雫
主人公と一緒に、深いところへゆっくりと沈み込んでくような感覚は覚えてる。独特でゆったりとしながら濃く、不思議で、サスペンスチックで、深い愛情のお話でもあった。

こんなことしか書けなーい。なにしろ寝てたからー。いつか再見したとき追記します。

ソラリス惑星ソラリス


  監督  アンドレイ・タルコフスキー
  原作  スタニスワフ・レム 『ソラリスの陽のもとに』
  脚本  フリードリッヒ・ガレンシュテイン  アンドレイ・タルコフスキー
  撮影  ワジーム・ユーソフ
  音楽  エドゥアルド・アルテミエフ
  出演  ナターリヤ・ボンダルチュク  ユーリ・ヤルヴェット 
      
 (カラー/165分)








Last updated  2011.12.11 15:57:52
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.