1306329 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2007.09.18
XML
カテゴリ:台湾映画


  台北の古い映画館“福和大戯院”では、閉館となるこの日、巨大なスクリーンにキン・フー監督の「残酷ドラゴン・血斗!竜門の宿」が映し出されていた。
まばらな観客、スクリーンを見つめる2人の老人、舞台裏では足の悪い受付の女が、特別な思いを胸に、映写技師のもとへと向かっていた・・・。


お世話になっているracquoさんおすすめの作品です。
ツァイ・ミンリャン監督は、はじめて。
実在する映画館を舞台に描かれる、最終上映の間のつかの間の出来事―――
ただ静かで、台詞少なく、動きはほとんどありませんが、そこに秘められた情感をたくさん感じ取ることができました。


rakubi_main_rgb.jpg.200px  rakubi_sub3_rgb.jpg.200px




放映されるは、傑作「残酷ドラゴン・血斗!竜門の宿」。
本作にも出演のミャオ・ティエンは、こちらがデビュー作なのだそうです。
過去の名作に出演している老いた俳優がふたり、“福和大戯院”の楽日に居合わせた偶然について、語られることはありません。
再会したふたりの会話さえ、途切れるばかり。

劇場最後の日を惜しむ観客は、いないようにも見え、たぶんいつもと変わらない“福和大戯院”なのでしょう。
下心を持った怪しい日本人の男が、客に色目を使って館内を歩いているのも、珍しいことではないのかもしれません。
そんな中、足を引きずった受付の女だけが、ひとつ仕事を終えるごとに、振り返っては惜しむように、劇場を見つめているのでした―――


脈絡なく、断片だけど、ずっと漂っている哀愁は素晴らしい。
些細な動きしかない映像に、ずっと感じる美しさ。
落としたトーン、絵になるシーンばかり。



もしも、カメラを持たされても、こんな撮り方は絶対にしないしできないと思います。
固定されたカメラで、じっと、静かに、被写体を見つめる目線。
この根気、この気の長さ、監督の性格なのでしょう。
タルコフスキー作品をふと思い出しました。
じっと視線を投げかけている、その優しさは、とても真似できないような気がします。
そしてなかなか出会えない作風。
優しさと、シビアな冷静さを一緒に感じます。



受付の女は、最後の日、自由の利かない足で懸命に、目的あるこの一日を過ごしています。
それは、映写技師へ思慕の念を伝えること―――
詳しくは語られないけれど、淡い想いも描かれていました。
そして、映写技師も、同じように彼女のことを想っているのかもしれない・・・。
降りしきる雨が、涙雨には見えなくて、優しさ残るステキな小品でした。



c100760481_l.jpg



監督・脚本  ツァイ・ミンリャン
製作  リァン・ホンチー
撮影  リャオ・ペンロン
出演  チェン・シャンチー 、リー・カンション 、三田村恭伸 、ミャオ・ティエン
   

(カラー/82分)
 










Last updated  2007.09.19 14:54:15
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.