1306170 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2007.10.19
XML
カテゴリ:ドイツ映画

  1923年のベルリン。突然、同居していた兄が自殺し、動揺を隠せない主人公アベルは、別居中の義姉の元に身を寄せるが、別の殺人事件の容疑者にされてしまう。
間もなく、無事に釈放されるアベルだったが、怯えからすっかり人が変わってしまうのだった―――。

スウェーデン出身のベルイマン監督、初鑑賞です。60年間、映画を撮り続けてきて、その丁度中間にあたるころの作品。劇場未公開。
ベルイマン作品のなかでは異色で、アメリカ人からの強力な資金援助を受けているそう。セットが豪華なのはそのせい。


まずは、映像に引き込まれました。1920年代の不穏なドイツ、陰鬱で、重苦しい。
華やかで、猥雑で、グロテスクで、どこをとっても何気に痛いシーンが続きます。
義姉との関係がメインストーリーですが、彼女がまた普通ではありません。定まらない情緒が、不安を煽る。
街も、ドイツの国全体も、主人公さえ、みんなが不確かで、なにかに怯えているようです。
それは当時の時代を見事に再現した、監督の手腕。見事に、えもいわれぬ恐怖感が漂っていました。

殺人事件の真相は、ラストで明らかになります。けれど、伏線とかそういったものとは、無縁のサスペンスといえそう。
見所は、ユダヤ系アメリカ人である主人公が、狂いつつある異国ドイツで感じる恐怖なのではないでしょうか。
ナチスドイツがこの数年後行った人体実験が、そのままに物語の犯人の行為と結びついていて、怖い。
当時のドイツ映画を再現して見せた作品だそうですが、まったくイメージどおりのドイツがここにあります。

アベルが逃げたのは当然だと思う。ただひたすら、この場から逃げ出したくなる。
これが、当時のドイツ人、みんなの思いだったのかもしれません。



●   ●   ●   ●



監督・脚本  イングマール・ベルイマン
製作  ディノ・デ・ラウレンティス
製作総指揮  ホルスト・ヴェントラント
撮影  スヴェン・ニクヴィスト
音楽  ロルフ・ヴィルヘルム
出演  リヴ・ウルマン 、デヴィッド・キャラダイン 、ゲルト・フレーベ
  ハインツ・ベネント 、ジェームズ・ホイットモア

(カラー/119分/ドイツ・アメリカ合作)










Last updated  2009.11.04 13:16:47
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.