1302925 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.01.03
XML
カテゴリ:アメリカ映画
  
 この作品の面白さは、そのストーリーから。
地球から出発して1年6ヶ月、地球時間では2000年もの時が流れているとう設定です。
無事帰還できても、彼らが生きた地球は最早ない・・・そんな旅を続けている宇宙飛行士たち。

彼らは未知の惑星に不時着し、彷徨った挙句に、原始の頃の人間を発見するのです。
しかし、人間は下等な生き物で言語も持たず、すべてを支配するのは猿。
そこはまさに猿の惑星なのでした―――


planetoftheapes.jpg




おなじみの猿が、未知の惑星でありながら英語を喋っていることに、ツッコミたくなるのは当然。
しかし、そのツッコミこそが、ラストで大きな衝撃への伏線になっていたりするから面白い!

唯一生き延びる主人公テイラー(チャールトン・ヘストン)は、文字が書けること、話ができることを、必死で猿のジーラ博士(K・ハンター)や彼女の恋人である考古学博士に訴えます。
次第に友情を結んでいく件は、今観ても十分に楽しむことができました。

不時着した直後はじれったいけれど、逃走劇のあと、ラストの衝撃までは、後半物語が加速していきます。
考えられた作りは、さすがシャフナー監督。
明らかにされていく、この惑星の秘密・・・これは、けっこうなサプライズだと思います。


テイラーが美しい原始人ノバ(リンダ・ハリソン)を見初めるあたり、進化した人類の種の保存までを考えているなんて、このお話の奥の深さがよくわかりますね。
続編は4本が作られていて、どれも未見ですが、さらに内容は掘り下げられているそうです。
この作品についてはヤスカイさんが、先日ブログでアップされていたので、ご興味のあるかたは足を向けてみてくださいね。


随分まえ、子どもの頃に観た以来でした。
有名なわりに記憶に残っていなくて、面白かった記憶も薄いのは、内容が案外難しく知的なテーマを扱っていたからだと思われます。
こちらも、死ぬまでに観たい1001本の映画に選ばれています。


それにしても、チャールトン・ヘストン。
若かりし頃、どんないい演技をしていても、「ボウリング・フォー・コロンバイン」で見せた無神経なあの後姿が消えない。
‘全米ライフル協会’のイメージは消えてはまた浮かぶのでした。



r080145886L.jpg


監督  フランクリン・J・シャフナー
製作  アーサー・P・ジェイコブス 、モート・エイブラハムズ
原作  ピエール・ブール
脚本  ロッド・サーリング 、マイケル・ウィルソン
撮影  レオン・シャムロイ
音楽  ジェリー・ゴールドスミス
出演  チャールトン・ヘストン 、キム・ハンター 、ロディ・マクドウォール
 リンダ・ハリソン 、モーリス・エヴァンス 、ジェームズ・ホイットモア

(カラー/113分/アメリカ製作/PLANET OF THE APES)









Last updated  2008.01.04 23:26:29
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.