000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.01.25
XML
カテゴリ:

  松ちゃんが、日経ENT!誌で連載していた(している?)“激辛”映画批評を1本にまとめたもの。
ハリウッド大作からミニシアター感動作まで、取り上げられた全70本の中で、私が観たことがあるのは39本でした。
すでに「シネマ坊主2」も出ているようです。
こちらは6年前に刊行されているので、チョイスされた作品はちょい古め。

松ちゃんは「ごっつええ感じ」のころ、よく観ていました。あのCDも買いました(笑)今はもうないけれど。
思えば、ベルトルッチの「シャンドライの恋」を観たのは、松ちゃんがおすすめしていたのがきっけでした。


笑いのプロとしてのシネマレビュー。スタンスは一貫しています。
「2時間超える映画は、よっぽど面白くないとキツイ」「ハリウッド大作に辟易気味」
そうそう!と思うところも案外多かったです。
映画をここまで観ていて、語っているのに、しかも昨年は初監督も果たしているのに、映画があまり好きではない――これには驚きですよ~。じゃあなんで観る?

面白かったのは、やっぱり語り口。さすがに笑えます。くすっ、と。
歯に衣着せぬ物言いで、読みやすいし、言いたいことはわかる。自分では気づかなかったことも多くありました。
たとえば、「ストレイト・ストーリー」のおじいさんがサンタに見えた――とか。
赤いシャツにトラクターの緑に、白い髭。そう言われてみれば、そうだっけ。評判がいいのに、ピンとこなかったこの映画、また観かえしてみるのもいいかも。
これは観たいな~と思ったのは「カノン」「TAXi」。
褒めてて嬉しい感じだったのは「ライフ・イズ・ビューティフル」「雨あがる」「アメリ」かな~。


ほとんどの場合、私は観客の立場で映画を観ているけど、松ちゃんは作り手として観ています。笑いの基本はネタ作りだから当然なんだけど。それで見え方も変わってくるのだな~と思うところも多かったです。
毒吐く酷評は、間違ったことを言ってるということもなく、ふつうに参考になると思います。
主観がはいってるのは、誰でもそうですよね。

この本、図書館で借りたのですが、読んでみたのは、初監督作「大日本人」を観る前に、松ちゃんの映画観を知っておきたかったからでした。
今日はさっそく「大日本人」をレンタルしてきたので、観るのが楽しみです。








Last updated  2008.01.26 17:33:36
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.