1332864 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.01.29
XML
カテゴリ:

 きのうは絵本読み聞かせの集まりでした。朝から学校へ行って、これからのことを話し合い。
本題からズレたトークをする母二人が、私の腹筋を鍛えてくれました。
放課後はピアノの送り迎え。帰り道には、珈琲屋さんに寄ってエチオピアイルガチャフェを購入。
すぐに淹れて飲んでみました。ふつうに美味しい味がします。コーヒー



さてさて本題の本ですが、発見がいっぱいありました。
きっとイラン映画祭なんかと、リンクして発刊されたのではないでしょうか。
ここに出てくる41本のイラン映画。大半がレンタル店にありませんが、オークションで手に入ります。いつか観たい作品が沢山ありました。

監督・製作年・ストーリーがそれぞれに紹介されていて、写真もたっぷりです。
しかも、イラン映画らしい鮮やかな色、可愛らしい小物で溢れているこの本、お家に置いておきたくなりますピンクハート
これは図書館で借りたのだけど。


イランでも、家族で映画を観にいくそうです。(知らなかった!)
観客の目は肥えていて、映画作りに好意的だというのは、イランの作品に素人が多いのでも頷けます。
日本では子ども達が主人公のものばかり手に入りますが、実際のイラン映画に占める割合はわずかだとか。
健気な子ども達の奮闘を観るのが好きなのは、日本人の好みなのでしょうね~。(私含め)
けれど「私が女になった日」など、そこに限定しないでも、いいものはきっと多いのでしょう。いまの邦画にはないもの。
イランという国の魅力が、観たい気持ちにさせます。
次は「キシュ島の物語」「ギャベ」あたりが観てみたい。キアロスタミ監督の作品もどこかで探してぜひ観たいです。

監督紹介の頁は参考になりました。
それから、五味太郎さん・つじあやのさん・イラン人の映画コーディネーターのショーレさんによる会談も、知らなかったことがいっぱいで、興味深い内容になっていました。



51VEG8X5FWL._AA240_









Last updated  2008.01.31 17:07:06
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.