1304617 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.02.02
XML
カテゴリ:日本映画

 原作を読んだ相方が面白いといい、次は映画、というので便乗して一緒に観ました。
帰省する前に観たので、ずいぶん経ってしまいましたが、それから原作を読んだので合わせて感想を書いてみますえんぴつ
この映画が気になったのはトヨエツブーム(笑)と、「ユリイカ」の青山真治監督だったから。
けれど、先の読めないミステリーにはなっていても、人間ドラマがかなり薄れてしまった感があり、原作を先に読んだ方には別物になっている、そう言われても仕方ない出来でした。
ほとんど前情報がなく観ても、途中眠たくなって。「ユリイカ」は偶然の佳作だったのかな、青山監督。


(あらすじ) 中学受験を控えた家族が、塾の講師・津久見(豊川)を招き、湖畔の別荘で勉強合宿を開く。家族とは別居中の並木俊介(役所)も、妻・美菜子(薬師丸)と子どものため、合宿に参加していた。
そんな俊介に、仕事仲間で愛人の英里子が突然別荘に会いにきた。その夜、別荘のリビングで彼女が殺されているのが発見され、美菜子が犯行を告白するが、スキャンダルを恐れた他の親たちは、積極的に事件の隠ぺい工作を進めるのだった・・・。



img_1191434_1243029_0.jpg img_1191434_1243029_4.jpg
 


 
 美菜子は再婚で、俊介と娘に血の繋がりはありません。それでも父親としての努力をしてきたつもりの俊介。
湖畔の別荘に来て、とんでもない事件に巻き込まれて、来る前には考えてもみなかった未来を選ぶことになる―――そこがおもしろい所。
映画ではうまく表現できていませんが、見えない真実に翻弄されます。

異常な状況で物語は進んでいく。身元をわからなくするため、死体の顔を潰したり、指紋を焼いたり。異常な連帯感のなかで、犯罪は重ねられていきます。
率先して指揮する藤間役には、柄本明。彼の淡々とした喋りがよく似合う。原作のイメージと同じでした。


完璧に、なかったことにしたはずの事件。でも真実は、意外なところから浮かびあがり、驚きの結末を迎えるのです。
自分の子どもの心でさえ、わかることが出来ない親たちの情けない姿が炙り出される。
殺された愛人が持っていた写真の伏線も、おそろいの靴に隠された伏線も、映画のなかで削られた部分を補足できてはいなくて、隠された本当の意味は本を読んでから、わかりました。
裏口入学についてのあれこれも、ずいぶん端折っているので、お粗末な作品と思ったのも無理はないでしょう。
普通のミステリーで、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。


原作は単なるミステリーでは終わらず、真実がわかったからこそ、主人公がある決意をするところで締めくくられています。一気に読める本でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



監督  青山真治
原作  東野圭吾
脚本  青山真治  深沢正樹
音楽  長嶌寛幸
出演  役所広司  薬師丸ひろ子  柄本明  黒田福美  眞野裕子  豊川悦司

(カラー/118分/R15)









Last updated  2008.02.02 22:49:45
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.