1306309 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.02.22
XML
カテゴリ:日本映画

 岩井俊二監督が、自身に多大な影響を与えたと語る巨匠・市川崑の半生を独自の視点で描く。アニメーター時代など、貴重な映像も収録。


 想像以上に、敬愛する岩井ワールド+ユーモアで溢れていました。声をたてて何度笑ったことでしょう。
字幕で綴っていく市川崑の物語は、監督作品に関する知識だけにとどまらず、出生から昨今の仕事ぶりまでを、軽妙な親しみやすさで見せてくれます。
晩年の作品はあまり惹かれないけれど、モノクロ時代・カラー初期ものは相当観てみたい気持ちになりました。
先日観たばかりの「若い人」「ビルマの竪琴」でも脚本を務めていた奥さんの夏十(なっとう)さんとのお話は、すごく心に残っています。
夏十さんの死には、涙が出ました。

こんなドキュメンタリー、各監督ごとにあったら面白そうですね~。現役で活躍している若い監督さんが、お気に入りの名匠・巨匠の人生を撮ったら、きっと多くの需要があるのではないでしょうか。
とはいってもこちらは、好きな監督が・気になる監督について、撮った作品だからこそ楽しめたんですね。

演出は岩井俊二らしくあか抜けています。スタイリシュというか、まさしく岩井ワールド。敬愛の念がずっと感じられて、見る側も心地よい。

冒頭。

日本映画で一番多く観ているのは市川崑だと思う

岩井さん!そうだったの・・・と思いきや。
その後にすぐ字幕。


―――三島由紀夫

はあ。三島さんでしたか。。
意外だと驚かされて、苦笑いです。

岩井監督が市川崑さんと初めて仕事で話会った数年前、こう思ったそうです。

「年の差なんて関係ない この世で一番 話の合う人に出会ってしまった」

二人の歳の差はなんと48歳。本当にいい出会いだったんですね。


bcc6f6726ac9d4376ee03e9992fcb6e0.jpg




監督・脚本  岩井俊二
プロデューサー  一瀬隆重
出演  市川崑

(モノクロ・カラー/82分)








Last updated  2009.11.30 21:49:12
コメント(7) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.