000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.04.07
XML

 やっと観ることができたヤン・シュヴァンクマイエル作品。
エドガー・アラン・ポーに敬意を払いつつ、マルキ・ド・サドを取り入れたという、哲学ホラー。

 とある精神病院を舞台に、真の自由と抑圧の相克の中で、主人公が体験する狂気の世界を、実写とアニメを駆使して描く―――。

冒頭から、これはホラーであり、ホラーならではの落胆を届ける――という監督自身の解説があります。
ギリシャ神話のナルキッソスを持ち出し、芸術性はないと説く。自己満足で、広告的な部分だけが残った、と。
そこまで言うけれど、それは謙遜のしすぎではないでしょうか。
確かに物語性はないけれど、視覚に訴えるものは大きい。
監督が作品を通して挑戦しているのは触覚の芸術だそうですが、匂いも手触りもわからない映画は、それとは反対の媒体のはずです。
でもあえてそれを選ぶのは、やはり挑戦なのかもしれないし、絵や作品をアニメーションとして動かしたい・命を吹き込みたいという衝動なのかもしれません。

00.jpg sileni-2.jpg

精神病院で母親を亡くしたベルロ(リシュカ)は、その夜から、拘束服を持って襲ってくる看守の悪夢にうなされます。翌日、病院から自宅に戻る途中で知り合った侯爵(トジースカ)に気に入られたベルロは、彼の城へと招待され一夜を過ごすのですが・・・。

奇妙な城で夜ごと行われている、自由主義を唱える禁断の儀式。神への冒涜。
慌てて逃げ出そうとするベルロは、これが犯罪であるとしてなにが問題か! そう怒鳴る侯爵に抗うことができません。

275a7bd4.jpg 38SILENI 001a.jpg

神をキエラ(幻想)と呼び、イエス像に釘を無数に打ち込む侯爵の姿は、監督自らの投影なのかもしれません。
神は不完全な人間を作り、苦悩する姿を見て楽しんでいる・・・云々。延々続くこれらの暴言は、キリスト教文化圏ではどう取られるのでしょう。
チェコでは、58%の人が無宗教であるそうなので、自分と変わらない程度の捉え方、影響力と思って差し支えないのでしょうか。

散々怒鳴り散らした後、突然息を引き取る侯爵。ベルロは執事とともに、地下へ遺体を埋葬しました。
そうして迎えた、疲労しきった朝。彼の前に現れたのは、ピンピンとした侯爵の姿!
じつは死んだフリをしていただけで、何もかも精神病院でのセラピーであるというのです。毎夜の悪夢を治すという名目で、ベルロはその精神病院へと、連れて行かれるのでした。


病院での出来事はなにもかもが倒錯しています。
医者も患者も侯爵も三つ巴になって狂気と化した世界。そんな中で、美しい看護婦シャルロット(ガイスレロヴァー)だけは正気を保っている(ように見える)。放蕩の道具にされる彼女を救おうと、一人奮闘するベルロ・・・・。
しかし実際は、病院は侯爵と偽院長に占拠されていて、本物の医者や看守は地下に監禁され、それを教えた当のシャルロットさえ、純情を演じているだけの、まさに全てが狂気、乱気。

間に、動物の肉や目玉や舌が動き回るシーンを幾度も挟み、人間を精肉として描写する手法は、コミカルかつシニカルで、おかしくも恐ろしい世界でした。
内的な世界で戯れたことのある人にしか作れない、その世界は、ドップリと浸かってしまえば、自分の精神にまで侵食してきそうな危なさを感じずにいれません。
抜け出せなくなりそう。
ニーチェの本を読んだときに、ぐらぐらと心のバランスが崩れるのを感じたみたいに、入るな危険的な匂いがプンプンとしていました。

結局は、唯一まともに見えてきた主人公さえ精神を病んでいる・・・という定石どおりの筋書きで落ち着く物語。
びちゃびちゃという肉の音、食べるシーンの多さ、くちゃくちゃと噛む音、汚さすべて、嫌悪を催さずにいれない断片の寄せ集めとなっています。

2005年に製作された本作。この年、妻であり、美術・衣装を担当していたシュヴァンクマイエル氏の良き伴侶エヴァが亡くなり、彼女にとっては遺作となった作品でもあります。


・・・・・・・・・・・・・


 監督・原案・脚本/  ヤン・シュヴァンクマイエル
 製作/  ヤロミール・カリスタ
 撮影/  ユライ・ガルヴァーネク
 美術・衣装/  エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー
 出演/  パヴェル・リシュカ  ヤン・トジースカ  アンナ・ガイスレロヴァー
      ヤロスラフ・ドゥシェク  パヴェル・ノーヴィ

 (カラー/123分/SILENI)










Last updated  2010.05.13 11:12:47
コメント(4) | コメントを書く
[チェコ(スロバキア)映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.