1303779 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.04.09
XML
カテゴリ:イタリア映画

 フェリーニ作品にはわからないものもあるけれど、全体を考えると好きです。
ローマ三部作といわれるの中のひとつ。原作はネロ帝に寵愛されたという、ペトロニウスの『サテュリコン』。

 古代ローマ。快楽主義の学生エンコルピオ(ポター)は、親友アシルト(ケラー)と一人の美少年を争って破れる。その後、彼が経験するローマの退廃と堕落の遍歴譚。
酒池肉林の宴、男同士の結婚、屍肉を食らえと遺言する老詩人の物語など、異様なキャラクターが登場する。

精神世界を描いても、放蕩や狂乱を描いても、純粋さがあるフェリーニ監督。
退廃的な中にも、ユーモアや柔らかさがあります。
グロテスクで辛辣なところは、同じイタリアのパゾリーニ作品と共通した面を感じましたが、この純粋さだけは、他の監督にもない種類のものではないでしょうか。

 sat4.jpg

ローマの退廃と、芸術と、色彩の饗宴。
そこで繰り広げられるおぞましい様さえ、惹かれずにはいられない、好感を持たずにはいられない、そんな映画でした。
壮大なセットと美術にかかった労力を思うと、溜め息がでます。どのカットをとってみても既成のものはない、すべて造り上げたもの。
それがあまりに素晴らしいので、目が離せません。
一つひとつ見事なセットが、言いようのない存在で迫ってきて、堪能する前に、また次の芸術が現れてくるようでした。
壮大なセットさえも、フェリーニ作品は壊しまう・・。思い切りの良さは、感嘆したり圧倒されるばかりです。
壊すという行為は、きっといろんな意味が含まれているのでしょう。
壊すからこそ、ただ落胆させてはおかない、仄かな希望が生まれる。
多くのロードムービーが、海に行き着くことで再生を意味するのと似ているように感じます。

 satyricon1.jpg

主人公エンコルピオが経験することは、あらすじのままに、不健康で壮絶です。
このごろ、偶然にか必然にか、内面にも外面にも強烈な映画ばかり観ていますが、シュバンクマイエルの『ルナシー』も、パゾリーニ作品も、異質な世界に抛りこまれて、その先は自分次第だけれど、フェリーニの描く世界には幻想という救いが残されているようです。
だから親しみが湧いてくる。

 satyricon2.jpg

主人公が辿る不可思議な道。途中で彼は、ふたりの詩人と出会います。
ひとりは貧しくも、真の詩人。もうひとりは見せかけの詩で、私腹を肥やす偽の詩人。
貧しい詩人は主人公に知を与え、真実の言葉(詩)を遺して逝きますが、見せかけの詩人は享楽に溺れ放蕩三昧。
突然死んだフリを決め込む件は、『ルナシー』の侯爵と重なりました。神の真似事なのか、不謹慎な行い。人でなしを地でいく者たちがたくさん登場します。
その真似事の葬儀で聴こえてくるのは、なんと仏教のお経でした。全体に様々な要素が詰め込まれた、猥雑でありグローバルな面白さ。

若者たちの彫刻のような肉体美は見所。驚くほど強烈なインパクトある作品。
こちらも死ぬまでに観たい映画1001本に選ばれています。
イタリア語、ギリシャ語、その他の言語も使用されているようですが、字幕がつくのはイタリア語のみ。自然と謎めいた印象も残りました。



51iNcPINW2L.jpg


監督  フェデリコ・フェリーニ  Federico Fellini
製作  アルベルト・グリマルディ
脚本  フェデリコ・フェリーニ  ベルナルディーノ・ザッポーニ
撮影  ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽  ニーノ・ロータ
出演  マーティン・ポッター  ハイラム・ケラー  サルヴォ・ランドーネ  キャプシーヌ

(カラー/125分/FELLINI-SATYRICON)








Last updated  2009.10.17 15:17:02
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.