1332478 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.05.30
XML
カテゴリ:日本映画

 三村新之丞(木村)は東北の小藩に仕える下級武士。剣術の覚えがあるも、現在は毒味役をしている。役目に不満はあるが、美しく気立てのいい妻・加世(檀)との生活は平穏だった。しかしある日、貝毒にあたり新之丞は失明してしまう。働く糧を失い生活は一変し、生きる気力のない新之丞のため、加世は嫁入り前からの顔見知り、上級武士の島田藤弥(坂東)に相談を持ちかけるのだったが・・・。


 山田洋次監督による「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く藤沢周平原作時代劇の第3弾。
「たそがれ清兵衛」は未見ですが、シリーズでは一番評価の高い作品。「隠し剣 鬼の爪」はなかなか良く、三作目のこちらは、先の2作品には及ばなかったのではないでしょうか。
敗因はやはり役者。ただでさえ難しい時代劇、そして盲目の役、最愛の妻を手篭めにされた武士の怒りを演じるには、キムタクでは役不足。これまで銀幕俳優たちが演じてきたのに、ここにきてこの配役はなぜ・・・。やはり話題性かと思うと虚しい。

物語りはありがちで、よくも悪くもセンチでした。
助けを求めた島田に騙され貞操を奪われた妻を許せず、怒りに任せて家を追い出してしまった新之丞。時が経つうち、島田の悪に気づいた彼は、武士の一分を懸け、妻の敵を討つことを覚悟するのでした。見えぬ目で刀を握り、ついに決闘の日がやってくる―――。
見せ場となるところの最後の大立ち回りは、見応え、驚き、どちらも満足いくもののないまま、なんとなく終わってしまったのが残念。

2時間鑑賞に堪えうるものになったのは、ひとえにバイプレーヤーたちの名演によるもの。
妻・加世を演じた檀れいは、宝塚歌劇団出身の女優さんで、一途で凛とした美しさのある女性を熱演しています。
時代物の演技は、どうしても身のこなしや台詞回しに違和感を感じさせない人であってほしい。舞台出身の方は、馴染みます。安心して観られる。
余談ですが、この方、サントリーの金麦という発泡酒のCMでおなじみビール
インパクトあるいいCMですよね~。ついつい買ってしまいました、私も。声がいい。よく通るいい声です。

 53907e89e6941bcce8f110e97df90c08.jpg 1165674160156584.jpg

もうひとりが、新之丞に仕える徳平を演じた笹野高史
名脇役で有名な、山田洋次作品にも多数出演している笹野さんの完璧な演技は、それだけでも観た価値あったといえるほど素晴らしかったです。
危なっかしいキムタクと、あまりに堂々としたこのお二方が居れば、自然そちらに意識が集中してしまうのもムリはありませんでした。
卑劣な男・島田には坂東三津五郎。他にも、桃井かおり、緒形拳、大地康雄、小林稔侍、左時枝 など、脇の充実に力が入っています。

山田監督らしい爽やかなハッピーエンドのラストは、変わらずにいいものです。
そして笑い。このコミカルさがもっと前面に出ていればもっと良かったのに。内容がシリアスすぎて、キムタクの味ができれていなかったようです。



監督  山田洋次
製作  久松猛朗
原作  藤沢周平 「盲目剣谺返し」
脚本  山田洋次  平松恵美子  山本一郎
音楽  冨田勲
出演  木村拓哉  檀れい  笹野高史  岡本信人  左時枝
綾田俊樹  桃井かおり  坂東三津五郎

(カラー/121分)








Last updated  2008.06.01 17:59:15
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.