1306376 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.07.20
XML
カテゴリ:アメリカ映画

 探偵に憧れる映写技師のキートンの奮闘を描く。
恋する娘の目の前で泥棒の濡れ衣を着せられたキートン。傷心のままの仕事中、うたた寝をして夢を見た。銀幕のなかに入り込んだ彼は、憧れの探偵となって悪漢相手に大活躍をはじめる―――。



完成度はそれほど高くないけれど、現代の映画に引き継がれたのだと思うシーンの数々が、驚きの「アハ!」体験をさせてくれそうな作品だった。夢と幻想に溢れた物語は、時代を考えるとすごく斬新。編集をうまく使って、ちょっぴり不思議なシチュエーションを見せてくれる。
サイレント特有の音楽も、ひと際粗い画像も、味わい深くて。あと10年もすれば100年前の映画となるのだ!

銀幕の中に入るのは、ウディ・アレンが後に『カイロの紫のバラ』で使うことになるファクター。アレンの方は、銀幕のスターがスクリーンから飛び出して・・・という展開だったけれど。同じく不思議な雰囲気のあるまったりとした作品だった。『カイロ~』がやや古風だったのは、この作品に敬意を表していたからかもしれない。

ラストで目が覚めて、名探偵としての活躍がすべて夢だったと知り、がっくり肩を落とすキートン。そこへ娘が飛び込んできて、彼への誤解が解けたことを知る。
改めて求婚する彼の目には、映写機から流れるスクリーンのラブシーン。愛する人をどうやって抱きしめたらいいのか、銀幕からヒントをもらう不器用な能面ツラのキートンが微笑ましい。




監督  バスター・キートン
製作  ジョセフ・M・シェンク
出演  バスター・キートン  キャサリン・マクガイア  ジョー・キートン

(モノクロ・44分)









Last updated  2008.07.21 17:02:34
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.