000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.09.10
XML
カテゴリ:イギリス映画

 カトリーヌ・ドヌーヴは以前の『昼顔』が記憶に新しい。美しさや妄想、共通項のある作品だ。色んな意味ですごい映画だった。
(あらすじ) ロンドンで姉と同居している妹キャロル(ドヌーヴ)は、隣室の姉ヘレン(フルノー)と愛人との情事の音に毎夜悩み、男性恐怖症からついに恋人を殺してしまう―――。

『神経衰弱ぎりぎりの女たち』という、ある映画のタイトルを思い出した。キャロルはまさにぎりぎり。病んでいく様が、繊細な心理描写と、ポランスキーらしいシュールな映像で綴られる。
ドヌーヴの演技は、女性らしいある種の演技の見本になったのかもしれない。か細い声、フェミニンな仕草。むかしの裕木奈江を思い出す。それがどんなにわざとらしくても、ふとした時に見せる表情は魅力で巧くて、とにかく美しいのだ。
男に嫌悪感を抱きながらも、壊れていく意識の狭間では、幾度も男に無理やり抱かれている自分を妄想する。音は排除され、悲鳴も聞こえない・・・壁はひび割れ天井が迫ってくる・・・。
美女が怖ろしい幻覚に苛まれるこの設定は『ローズマリーの赤ちゃん』にも共通したもの。
冒頭のドアップのとか、効果的に使われていたウサギの肉は、ブニュエルの『アンダルシアの犬』へのオマージュだろうか。本編は後の『昼顔』に似ているし。変態(といえば言葉は悪いけど)二人の監督は似てると感じた。

 Repulsion2.jpg

爪を噛んだり、顔を掻いたり、文句なしに美しいドヌーヴの神経質な小さな仕草の積み重ねは、恐怖感に絶大な効果を発揮している。始終落ち着きなく、見惚れさせながらも、狂気の淵へまっしぐらに進んでいく。
心配して見舞いにきた恋人を、幻覚に駆られ惨殺したのを皮切りに、恐怖は最後まで息つく暇なく続く。人を殺めてしまっては後戻りできない、心神喪失となったキャロルに、いつまでも救いは訪れないのだ・・・。
ラストにさえ、執拗に絡みつく人間のエゴと欲望が、なんともいえない不快な余韻を残す、かなり良くできた作品だった。

死ぬまでに観たい映画1001本




監督  ロマン・ポランスキー
製作  ジーン・グトウスキー
脚本  ロマン・ポランスキー  ジェラール・ブラッシュ
撮影  ギルバート・テイラー
音楽  チコ・ハミルトン
出演  カトリーヌ・ドヌーヴ  イヴォンヌ・フルノー  ジョン・フレイザー
    イアン・ヘンドリー

(モノクロ/104分/イギリス)








Last updated  2008.09.12 06:01:33
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.