1319883 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.10.07
XML
カテゴリ:中国映画

2008-10-08 14:51:28 ・鴻潟若激с鰹.jpg

 『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督によるラブストーリー。
レンタルにて鑑賞、ほんとうは映画館でみたかったなぁ。


 (あらすじ)1942年、日本軍占領下の上海。ごく普通の女子大生チアチー(タン)は、抗日運動に心血を注ぐクァン(ワン)に秘かな恋心を抱き、行動を共にするうち感化されていく。やがてチアチーは、日本の傀儡政府に協力する特務機関のリーダー、イー(トニー)に近づき暗殺を遂行する危険な任務を与えられる。さっそく身分を偽りイー夫人に接近し、冷徹で異常なほど用心深いイーを誘惑する機会を窺うチアチーだったが・・・。


 誘われるままに抗日運動に参加したチアチーの運命は、その瞬間からすでに動き出している。暗殺するべくイーと出会い、それなのに惹かれていく、いつしか彼を愛してしまう。
そしてまたイーも、誰一人として信じない孤独の中で、チアチーだけは信じ愛してしまう。

物語は現在から、4年前の過去へと遡って、学生たちの青い青春の一幕が描かれる。そして冒頭のシーンはラストへの序章だった―――。
過去の未熟な暗殺計画が、チアチーの運命を変えていくのが悲しい。
階級夫人と偽ってイーに近づいたが為に、泥沼にはまっていくのは仲間の誰にも予想しえないことだった。
誘惑にのったイーを騙し続けるために、ついにチアチーが貞操さえ捨てなければならなくなる展開は辛い。無邪気で純情な娘ではいられなくなっていく彼女の苦しみも。
イーの邸に出入りする極度の緊張も、演じることへの疲れも、すべてが彼女を狂わせていく。
そして、本気でイーに惹かれ始めたとき、新たな苦しみと、悦びが生まれるのだ―――。
チアチーに想いを寄せていたクァンの、後悔もまた痛い。すべてが遅く、取り返しはつかない――。

b065822e.jpg080131_02.jpg

学生時代の計画が悲劇に終わったあと、再び工作員としてイー暗殺計画に巻き込まれていく後半。
3年後のチアチーとイーの再会で、烈火のごとく二人の愛には火がつく。
世間を騒がせた大胆な性描写は、デュラスの『ラマン』、マーク・フォースターの『チョコレート』、ミンリャンの『西瓜』と同じくらい不可欠だったと思う。体とともに心を許し、警戒心を解き、その存在を愛し合う二人の姿は、理屈ぬきで切ない。結末がどうあれ、ものすごく切ないものだった。
これは純愛の映画。


恋愛もののトニー・レオンは、しつこいけどやっぱり好きだー(笑)
日本の犬である、殺しや拷問さえいとわない冷酷さも、孤独も、全部ひっくるめていい男だった。トニーファンには必見です。
さきに名前を挙げた作品のなかの、『西瓜』『ラマン』そしてこの『ラスト、コーション』、アジアにしかない愛の情景というものがあって、それが本当に魅力的に映る。

ちなみに、チアチーを演じたタン・ウェイは無名の新人。大胆な濡れ場を潔く演じているわりに顔は幼くて、仕草も洗練された動きではないのだけど、表情と笑顔がとっても魅力でチャーミングな人だった。



監督  アン・リー
原作  チャン・アイリン 『ラスト、コーション 色・戒』
脚本  ワン・フイリン  ジェームズ・シェイマス
編集  ティム・スクワイアズ
音楽  アレクサンドル・デスプラ
出演  トニー・レオン  タン・ウェイ  ワン・リーホン  ジョアン・チェン

(カラー/158分/中国=アメリカ)


  






Last updated  2010.03.02 22:38:56
コメント(10) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【ラスト、コーション(色・戒)】 2007年 祖国の裏切り者を愛した女スパイ(10/07)   Lake Moraine さん
インファナル・アフェアですら艶ぽかったレオン
アン・リー監督で恋愛ものったら めまいがしてきそうですね。
みたくなりました。 (2008.10.08 19:37:35)

この映画は   racquo さん
見たいと思っていて、約15分間に合わず、逃してしまいました。
6月から店に定休日を設ける直前に桜坂劇場で上映されたんですね。

R-18指定だから、エロティックという分類も致し方ないのかも。

『色・戒』。三島的禁忌と情熱というのもあるけれど、
現代のように、不倫でもいわば公認?、容認?されている状況、
あるいは生命をも賭けたような大義とか、使命感とかの不在の世の中、
そこでは人間の孤独とか実存が薄くなるわけで、
深い孤独や実存を根底に持つ深い「色」も存在しにくいのでしょうね。
おめでたい人生が人にとって幸せなのかどうか。

イーを美化して描いていることと、性表現が過激だという理由で、
タン・ウェイが中国国内でバッシングを受けているのは残念です。

(2008.10.08 21:40:38)

Lake Moraineさん    はる*37 さん
>艶ぽかったレオン

レオンは、相当映画に映える人ですね。
体キレイでしたよ!
異常に用心深いのに、それを越えるほど愛するようになったイーの
心の動揺とか、彼女を奴隷のように扱う気持ちが
よくわかります。
おすすめしたい映画でしたよ! (2008.10.08 22:15:02)

racquoさん   はる*37 さん
劇場で観たかったですね~。

>R-18指定だから、エロティックという分類も致し方ないのかも。

そうですね~。
私の最近通い始めたレアもののある小さなレンタル店にはなくて
ずっと探していたのですが
もしかしたらエロティックなほうにあったのかな?と思います。


>イーを美化して描いていることと、
>タン・ウェイが中国国内でバッシングを受けている

イーを美化しているというのは中国側の感想で
私たちが観る分には気にならないので残念です。
ただ「憎まれてるな、日本人」って思いましたよ。
中国では性の開放が遅れているのでしょうから
タン・ウェイの件は仕方が無いのかな。でも残念。
可愛らしいので、お楽しみにw (2008.10.08 22:21:17)

憎まれてるな、日本人   racquo さん
これは中国指導部の国策ですからね。
外敵を作ることで、なんとか爆発寸前の国内を制御しようとしている。

>可愛らしいので、お楽しみにw

おお、楽しみ。でもそれって結局「エロティック映画」ってこと?。

(2008.10.08 23:03:24)

racquoさん   はる*37 さん
国策ですか。
政治までは描いていないので、気にならないのは映画として救いですね。


>おお、楽しみ。でもそれって結局「エロティック映画」ってこと?。
-----

あはは。そういう意味ではなくって。
でも、幼さと大胆さはアジアらしいというか。
西洋とは違うところですね。 (2008.10.09 08:18:09)

Re:【ラスト、コーション(色・戒)】 2007年 祖国の裏切り者を愛した女スパイ(10/07)   ベティ333 さん
まだ観てませんが、恋愛もののトニーいいですよね!!
しつこいのも彼ならありです。あの顔がたまりません!!
他の俳優だったらNGかもだけど。
いろんな意味で観るのすごく楽しみです!
(2008.10.11 00:15:18)

ベティさん   はる*37 さん
トニー・レオンはずいぶん年齢を感じるように
なりましたが、大好きです!
人でなしなのに・・・いいのです。
お楽しみに。
(2008.10.11 16:59:53)

Re:【ラスト、コーション(色・戒)】 2007年 祖国の裏切り者を愛した女スパイ(10/07)   Lake Moraine さん
ラスト、コーションやっとみました。
 前半の学生時代の話は 長過ぎというか 計画が学芸会?
状態でしたが 後半ぐいぐい ひきこまれてきました。
主役の二人 良かったですね。
 はるさんの レビューがずっと印象にあったので こちらに
お邪魔して びっくり 一年前だったんですね。

英語 私こそ せっせとレッスン通わなきゃならないんですが
おすすめは 音読です。 できれば音声聞いて そのテキストを
読み上げていくと リスニング、発話ともに良い練習になると
思います。
 高村作品は ハードと言うか内容がぎっちりつまっている印象で
爆破やら捜査やら諜報など とりつかれた男が主人公が多いです。
「李欧 」はそれでも 明るい作品なんですが 男同士ってのが
あるので、、、そっちの世界は中学生には早くないかい?と
老婆心がですぎました(笑) (2009.09.26 01:41:55)

Lake Moraineさん   はる*37 さん
一年もの間、印象を残していてくださったことが嬉しいです!
ご覧になったのですね~


> 前半の学生時代の話は計画が学芸会?状態でしたが

若気の至り、、的な感じでしたね。
観るほどにぐいぐい惹かれました。


>英語 おすすめは 音読です。 

そうなんですね! なにかテキスト探してこなきゃ。
空いてしまう一週間、なにもしないんじゃ忘れますもの、、。
ありがとうございます♪


>高村作品は・・・男同士ってのがあるので、、、そっちの世界は中学生には早くないかい?と

わ~。それは早いです~。(汗)
いや、今の中学生はそれくらいおませなのか??
先日図書館でも「中学はこれを読め!」発見しました^^ (2009.09.26 07:36:17)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.