1304439 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.10.21
XML
カテゴリ:スウェーデン映画

 (あらすじ)ベルイマン、コメディのベスト作。初老の弁護士は16歳の妻アンと暮らしていたが、昔の愛人デジレとよりを戻す。一方、アンは前妻の息子と駆け落ちし、デジレのパトロンは妻の元に戻り、弁護士宅の女中は御者と結ばれる―――。今世紀初頭のスウェーデンの地方を舞台とした牧歌的喜劇。

 
 かなり得手ではない作品だった。ラブコメというジャンルをあまり観ない私には、もどかしくて甘い。
恋も愛も命がけというくらい深いものが観たいのは・・・若干おかしい、これまた偏執的側面であるのかもしれないけど、気楽なラブコメには心が惹かれないのだからしようがない。

どこでほのぼのし、どこで楽しんだらいいのか全然わからないお話だった。
まだ10代の新妻と弁護士の関係からして眉唾物で、作り物の主人公たちが作り物の恋をする舞台でも観ているよう。
幾重にもすれ違う恋が、納まるべきところに納まる最後は、気持ち良さがあったけれど。

  SommarnattensLeende1.jpg

神学を専攻する弁護士の息子を執拗に誘惑する女中とか、新妻のハイテンションとか、とにかくついていけなくて困ってしまった。
ベルイマンといえば描き方は異なれどを持ち出すイメージだけれど、この作品の神に限っては悪趣味な無神論的なものに感じられる。欲望を前にした弁護士の息子の情けなさといったら・・・。
それでもハッピーエンドへと面白いように展開していくのだから、一歩下がって観ている私には、盲進してるようにしか思えず。唯一の感情移入は女優のデジレだけ。
『野いちご』『叫びとささやき』は大好きだったのに!ベルイマン氏の作風の違いに驚かされるばかり。

 死ぬまでに観たい映画1001本



監督・脚本  イングマール・ベルイマン
音楽  エリック・ノードグレーン
出演  グンナール・ビョルンストランド  ウーラ・ヤコブソン  エヴァ・ダールベック
ヤール・キューレ  ビビ・アンデショーン  ハリエット・アンデルセン

(モノクロ/109分)






Last updated  2008.10.22 01:35:03
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.