1331598 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.12.12
XML
カテゴリ:

 一種のブームなのか若い世代に古いもの好きが増えているような気がする。 古民家を改築して住んだり、アンティーク家具を求めたり。
他とひと味違う個性、それがあるからに違いないし、楽しい趣味だと思う。
建築物に始まり雑貨にいたるまで、私も古いものが好だ。

骨董品というと、きゅうに敷居が高く聞こえるけれど、ともかく味わいあるものということで、図書館で借りてみた。中身もとても読みやすい。

東洋から西洋に至るまで、著者が惚れて手に入れた品々を、年代や出処の知識とともに語っている。真贋を見分けるには、とにかく一生勉強を続けていくしかない、それが骨董という趣味なのだそうだ。

読みながらなんとなく想像していた額は、実際より一桁多いくらいだった。自慢の種に買うんじゃなくて、惚れ込んだ品を金額と相談して買う。なんだか、ささやかにならできそうな気がしてくる。

これを読んでいる頃丁度、古雑貨の可愛い店が、狸小路にあると教えられて出掛けた時、偶然にも近くに骨董屋を見つけた。ドキドキしながら初めて骨董品屋さんに入ってみた。
古いガラスの小物やランプや小皿なんか、すぐにでも欲しい手ごろなのがいっぱいあって、所狭しと並んだ品々が楽しくてわくわくした。
長い時間店内を眺めて歩いた後、なにも買わずに出てきたけれど、次また出直して、なにか気に入ったものを求めてみようかなと思う。

語り口がよい、写真の感じもいい、読みやすい本で、他の著作も手にとってみたくなった。







Last updated  2008.12.13 21:03:09
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.