000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…
はる **@ 荻々亭主人さん 観ましたよ。これまた凄かったです。 …

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.01.03
XML
カテゴリ:日本映画

 高台に豪邸を構える製靴会社の専務・権藤(三船)の子どもと間違えられて、運転手の子どもが誘拐される。身代金を要求する知能犯の医学生(山崎)と警察との、行き詰る攻防が始まる―――。


 ウワサどおり、サスペンス映画の名作だった。いつものことながら、長尺が苦にならない黒澤監督。
豪華な出演陣それぞれに見せ場があって、人物の心理描写はとても丁寧だ。
老年となり貫禄ある名優となった仲代達矢山崎努の、若き姿と演技が感慨深い。すでにギラギラと光るものを見つけるにつけ、なぜだか嬉しくて。山崎努は昨年の『おくりびと』がすごく良かったっけ。

高台の豪邸で不自由ない暮らしをしている権藤を憎む犯人は、誤って運転手の子どもを誘拐するが、それに構わず身代金3千万円を要求し続ける。奇しくも、製靴会社を我が物にするため用意した5千万の小切手が、権藤の手元にはあったのだが・・・。
社会的な立場と一家の暮らしを守るか、人命のためにすべてを犠牲にするか。
身を切るような選択を迫られた権藤が出した答えは、運転手の子どもを救うため、犯人の指示に従うというものだった。

img_920112_36195827_0.jpg

戸倉警部(仲代)の指示の元、周到な犯人が現金受け渡しの場所に選んだのは特急こだまだった。
走る列車の窓から、人質の少年を確認し、金の入った鞄を投げ落とすまでの、緊迫した一連のシーンが素晴らしい。8台のカメラで、車内を駆け回る刑事たちの動きを捉えたのだそうだ。
結局、犯人はまんまと金を奪い逃走するが、少年は無事に保護される。
そして後半からは、犯人逮捕にむけての警察の捜査が描かれていく―――。


5千万円用意できなかった権藤は会社での地位を失うも、新聞には美談として語られ人々の同情を得ていた。事件後、人間的な変化をみせていく様子が見事だ。
豪邸のなにもかもが抵当に入り惨めな暮らしとなっても、愛する家族と新たな人生を歩もうとする真摯な姿が、控えめな三船敏郎の演技から滲み出ていて巧い。

犯人逮捕への捜査の様子も丹念で、後半に入ってからも目が離せない。
ホシに迫っていくうち、荒んだバーや生きる屍と化した麻薬中毒者たちが現れ、退廃した人々の生活が巧い具合に飛び込んでくる。
彼らと権藤の暮らしを比べれば、まさしく天国と地獄だ。
でも単に金持ちか貧乏かではなくて、精神の腐りきっている人間こそが地獄に位置するもの、としてでてくるのだ。必要悪でも、社会悪でもない。

犯人が権藤を憎んだのも、自らの屈折した過去でもって精神を腐らせたからだ。
その過去さえ語らず死刑になってしまう犯人を、どっしり見つめてその言葉に耳を傾けた、権藤の姿が印象的。
二人の間の、人間的な隔たりがあまりに大きすぎる・・・。
なんだか悲しい幕切れだった。


忘れちゃいけない特筆すべきシーン。全編モノクロのなかで、ワンシーン一箇所のみ、カラーになるところがあった。
それは身代金を入れた鞄に仕掛けた薬品が燃えて出る煙のシーン。
モノクロの大都会に高々とそびえる煙突から、オレンジの煙がもくもくと上がるシーンは、すごいインパクトだ。
この一部カラーという手法は、知っている限りでは、本作が一番古いような気がする。もっと古い作品にも使われているのか、黒澤氏が初めてなのか・・・ご存知の方がいらしたらぜひ教えてください。





監督  黒澤明
原作  エド・マクベイン 『キングの身代金』
脚本  小国英雄  菊島隆三  久板栄二郎  黒澤明
音楽  佐藤勝
出演  三船敏郎  香川京子  佐田豊  仲代達矢  石山健二郎
  木村功  加藤武  三橋達也  山崎努

(モノクロ・一部カラー/143分)







Last updated  2009.01.03 17:04:34
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.