000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.04.09
XML
カテゴリ:ハンガリー映画

 ハンガリーに生きる親子三世代にわたるドラマを、ブラックでアートに綴る。
祖父、父、孫、それぞれが繰り広げる人間の欲望と命の極限を巡る数奇な物語。

物語は、祖父モロジュゴバーニが生きた第二次大戦中に始まります。
人里離れた寒村で、中尉にこき使われるモロジュゴバーニの唯一の愉しみは、倒錯した性の妄想に耽ること。
その子どもである父カールマンは、共産主義政権の下でスポーツ大食いの選手となり、孫ラヨシュは、肥満で身動きさえできない父を世話しながら剥製師となるのでした―――。


強烈な視覚的刺激をもって欲望を描くに留まり、あえてなにかに迫ったとはいえないけれど、おぞましくて、目を背けたくなるなるような三人の男たちが頭に焼きついてなかなか離れません。
陰部やら吐瀉物やら臓物やら、、、嫌悪感でいっぱいになるけれど、良く言えばシュヴァンクマイエル作品のような雰囲気で、手作り感に溢れています。

物語を作り出したというよりは、凝ったカメラや映像によるビジュアル映画。
血の繋がった親子であっても、遺伝子的繋がりがあまり感じられなかったのは残念なところ。


taxidermia_xl_03--film-B.jpg Taxidermia.jpg


祖父と父の欲望の種類を、性欲、食欲という言葉で表すなら、息子ラヨシュにはどんな欲があったのだろう。
彼が求めていたのは永遠?それとも不変。
せっかくインパクトのある人物だったのに、ラストで成し遂げる恐るべき顛末に、彼らしい哲学が感じられなかったのはもったいない気がしています。

感情に届くのは視覚による作用ばかりで、内容的にはいまひとつ。
グロイこと覚悟しつつ、世の中にはこんなに醜いこともあるのだ!と実感したいときにはおすすめです。(なかなかないと思うが、、)




監督  パールフィ・ジョルジ
原作  パルティ・ナジ・ラヨシュ
脚本  ルットカイ・ジョーフィア  パールフィ・ジョルジ
音楽  アモン・トビン
出演  ツェネ・チャバ  トローチャーニ・ゲルゲイ  マルク・ビシュショフ
     コッパーニ・ゾルターン  

(カラー/91分/ハンガリ=オーストリア=フランス合作)








Last updated  2009.04.10 22:14:11
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.