1344897 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.04.10
XML
カテゴリ:イスラエル映画

 イスラエルの辺境で迷子になった、エジプトの警察音楽隊の、ほのぼの緩~い一夜の物語。
行き先を間違えて、とんでもない田舎町に辿り着いてしまった音楽隊一同は、女主人ディナの経営する食堂に行き着くのでした。
店に集う常連の面々に、食事と一夜の宿を提供してもらい、不器用でユーモラスな夜が更けていくのです―――。


 
328959_01_03_02.jpg



人間交差点では、みんながなにかを拾うでしょう。
ギクシャクした家族も、恋も、老いも若きも。皆温かい。
壮年の隊長トゥフィークが、プレイボーイの若き隊員に対する気持ちだって、嫉妬よりも、若かりし日の自分を重ねているだけ。
いい雰囲気になったディナとの夜を、彼にバトンタッチしてしまうのも、優しさだったりする。
過去の過ちをほんのちょっと引きずりながら、、、。


328959_01_02_02.jpg



この映画にあるテーマは、ずっと以前から幾度も語られ続けてきた。
その中には秀でた作品がたくさんあって、たとえば秀作『バグダッド・カフェ』に、似た匂いがあると思う。
それでもこの映画でしか出会えない、製作国の毛色の珍しさは、一見の価値がある。
昼と夜の気温差まで感じる、乾燥したイスラエルの魅力が収められた一本です。



●  ●  ●  ●



監督・脚本  エラン・コリリン
音楽  ハビブ・シェハーデ・ハンナ
出演  サッソン・ガーベイ  ロニ・エルカベッツ  サーレフ・バクリ  カリファ・ナトゥール

(カラー/87分/イスラエル=フランス)









Last updated  2009.04.11 22:33:36
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


小粒で暖かい作品   racquo さん
小粒ながら暖かい作品でしたね。好きな映画です。迷子になるエジプト人たちが警官の制服を着ているところにユーモアがあります。
-
エジプトと言えば今は和平を結んでいるけれど、イスラエルとは少し前は中東戦争の敵同士だった。親米ならイスラエルとは友好的なんですね。
-
『ジェリーフィッシュ』というイスラエル映画も良かった。個別のユダヤ人やイスラエル人に偏見を持ちたくはないけれど、国家としてのイスラエルには北朝鮮以上に反感を感じます。アパルトヘイト・ウォールとか…。だからこうした映画にも何か隠れた、つまり大声では言えないようなメッセージはないかな~と意識して見てしまいます。ここではその点妙に前向きですね。 (2009.04.14 20:25:17)

racquoさん    はる*37 さん
温かい作品でした。
そういえば、ずっと制服姿でした!

『ジェリーフィッシュ』は幾度かレンタル店で手に取りながら
なんとなくあと回しです。
そのうちにきっと観ます。楽しみw
>大声では言えないようなメッセージ
この作品はなくて安心してほのぼの出来ましたね。 (2009.04.14 21:21:57)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.