1331093 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.04.16
XML
カテゴリ:アメリカ映画

   12-2.jpg


  弁護士アティカス(ペック)の子どもの目を通して人間模様=差別問題を描いた名作。
30年代のアメリカの南部の町。弁護士が強 姦罪で訴えられた黒人(ピーターズ)の無罪を立証するが、評決は有罪となる―――。
 


 褒めすぎかとも思うけれど、すべてにおいて素晴らしかったです。
オープニングから、子役たちも、グレゴリー・ペックも、脚本も、映像も内容もすべて。
人種差別というテーマを、子どもの目を通して描くことで、堅苦しくならずに、けれど真摯に描いた本作は、間違えなく傑作。

母を亡くし、三人で暮らしている弁護士アティカスと子どもたち(兄妹)の人柄は、冒頭で十分に伝わってきました。
彼が日頃から、子どもたちにどんな教育をしているのか、その仕方までもが素晴らしくて、同じ親として感じずにいれない場面が続きました。
大きくなった娘が回想しながらナレーションをする形で、物語は進んでいきます。

明らかに無罪である被告人が、有罪の判決を受けてしまう・・・・。
あまりに理不尽な大人の社会を目撃した、この夏の彼らは悲しみに打ちのめされます。
しかし子どもたちは将来、父親アティカスの血を引いた立派な大人になるはずなのでした。
その希望の余韻が、暗い影を持った物語を救っています。


   5-2.jpg


少年らしい腕白な遊びの数々や、小さな冒険。隣家の説教ばあさんや、怖ろしい男が住むというラドレー家など、郷愁がこころをくすぐります。
ホラー屋敷ばりの噂轟くラドレー家の一件は、有罪判決が出た時点で THE END となっていてもおかしくなかった物語をひっぱっただけあって、すごく良かったです。
一度も姿を現わしたことのないブー・ラドレーとの、初めての出会いと交流に、同じく希望の余韻をもらうことができるのでした。
ブーを演じていたのは、あのロバート・デュヴァル。なんとデビュー作だそうです。
若かりし姿が凛々しい。役柄に関係なくいい男でした。
主演のグレゴリー・ペックは文句なしに素晴らしい!


   3.jpg


 余談ですが、オンラインレンタルを利用し始めてから、もう随分になります。
予約リストは膨らむ一方。
いまでは230本の作品がリストインしていますが、観たい映画は増殖中です。
そして、いつも上位に挙げておくのは、本数の少ないもの、早くから予約しておかないと、いつまでも届かないだろう作品です。
それがことごとく来ないのが現状で、上位を飛ばしてやってきたのが、この『アラバマ物語』と『サンセット大通り』の名作シリーズ二枚組みでした。
届いたときには、すぐに観たい映画でもなんでもなくって、「なんだぁ」と少なからずガッカリしたわけですが、これがいざ蓋を開けてみてびっくり、両方とも物凄く面白かった!
いい映画に続けざまに出会えた感激。(オチなし)




●  ●  ●  ●


監督  ロバート・マリガン
原作  ハーパー・リー  『ものまね鳥を殺すには』
脚本  ホートン・フート
音楽  エルマー・バーンスタイン
出演  グレゴリー・ペック  メアリー・バダム  フィリップ・アルフォード  ジョン・メグナ

(モノクロ/129分)








Last updated  2009.04.16 11:38:10
コメント(5) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.