1346375 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.05.18
XML
カテゴリ:ソ連・ロシア映画


img84f6ee80zikczj.jpg img17ad0095zikbzj.jpg
 

 タルコフスキー監督の長篇第1作。
ドイツの侵攻を受けた村で肉親を亡くし、斥候となった少年の運命を描く―――。

少年は村で凄惨な光景を目の当たりにしたに違いありません。両親は殺され、心に深い傷を負っていることは、明らか。
そんな彼が、あえて学校へ行くことを拒否して、大人に交じって戦いに出る思いが、痛いほど伝わってきました。

戦争映画ですが、戦闘シーンや残酷な場面は、あえて描かれません。
あるのは、親代わりの大人たちに囲まれた少年の、斥候としての立派な姿だけ。
しかし大人たちは、子どもは学校へ行くべきだと言いきかせ、彼のことを思うがゆえに任務から外し、戦場を追わせるのです―――。

戦争によって負った心の傷を、命がけで戦うことでしか癒せなかった、少年の思い。
精神力も自立心も勇敢さも、感動的だったけれど、あまりに悲しい性と思えて仕方ありませんでした。
骨と皮だけの細い体で、必死になって戦っている姿は、大人以上に凛々しくて立派なのが、なお更に悲しい。
抵抗空しく、戦場を後にした彼の運命は、しかし明るいものではないという皮肉
戦争の虚しさを、無駄のない人間模様で描いた素晴らしい作品でした。


2845261932_3d010043d7.jpg



血なまぐさい描写は避け、タルコフスキー監督らしい幻想的なイメージが、巧みに挿入されているのがいい。
指揮官たちの人間模様・恋愛模様もさりげなく盛り込まれ、やはりのイメージが強く、画面は生命力に溢れていました。


勝手な主観ですが、大好きなA・ワイダ監督を思い出しました。
無論、こちらはソ連映画らしく、ワイダ作品はポーランドで、お互いの国のカラーは強く出ているのですが、同じ戦争の描き方という面では、あえて血みどろにしない幻想的なに描かれ方が似ているようで。
後のワイダの名作『コルチャック先生』で感じた、救いのなさを、ラストのファンタジックな幕切れに、再び感じました。見事な演出。



●  ●  ●  ● 



監督  アンドレイ・タルコフスキー
脚本  ウラジミール・ボゴモーロフ  ミハイル・パパワ
音楽  ヴァチェスラフ・オフチンニコフ
出演  コーリャ・ブルリャーエフ  ワレンティン・ズブコフ  E・ジャリコフ

(モノクロ/94分/ソ連)









Last updated  2009.05.20 17:12:02
コメント(3) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.