1304791 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.07.29
XML
カテゴリ:イタリア映画

 この映画をはじめて観たのは、もう何年も前。
わけがわからず詰らなかったはずなのに、ラストの鉄球場面が頭から離れなくて、この度再見してみる。
あの当時、政治的な映画だということを知っていていたのだっけ、、、。
いま観ると、とても政治色が濃くて“国営放送局RAI委嘱の劇場公開を約束されたTV映画”であることにみょうに納得した。

オーケストラの面々が、自分の楽器について自由に語るドキュメンタリー風でありながら、にわかに暴走し始め、さながら国家間の争いの様相を呈する。
誰もが身勝手な行動をとり、指揮者に楯突いてもうメチャクチャ!
そこへ突如現れるのが、なにもかもを破壊する巨大な鉄球で、13世紀に建てられた歴史ある寺院の礼拝堂を壁ごとぶち壊していくのだ。

礼拝堂でのリハーサルは混乱を極め、それを取材に入っていたTVカメラが映像に収めている――という構図になっている。


Prova_d_orchestra_2.jpg


改めて観たところで、やはり面白くはなかった。
物語がないし、エンターテイメントに欠けるし。これは大好きなフェリーニの数多い監督作のひとつとして、ぜひ観ておきたいファンに限りガッカリしない作品なのかもしれない。
ただ、破壊シーンだけは、何度観ても圧巻!


orchest3.jpg

ほんとはカラーです
 


監督/ フェデリコ・フェリーニ
製作/ ファビオ・ストレッリ
脚本/ フェデリコ・フェリーニ  ブルネッロ・ロンディ
撮影/ ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽/ ニーノ・ロータ
出演/ ボールドウィン・バース  クララ・コロシーモ  チェーザレ・マルティニョニ

(カラー/72分/イタリア=西ドイツ合作)








Last updated  2009.10.17 15:10:59
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.