1318098 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.09.08
XML
カテゴリ:映画
uh1.jpg


 『ホルテンさんのはじめての冒険』がじんわり素敵な後味だった、ベント・ハーメル監督作品。
こちらも、ほのぼのとあったかく、時に哀愁を感じさせながら綴る良質な小品でした。

 1950年代初頭のスウェーデン。キッチンの近代化を図るため、使う人の行動パターンを知る様々な調査が“家庭研究所”によって行われていた。
つぎの調査は、ノルウェーに住む独身男性を対象にしたものだ。
被験者となった初老の男性イザックの家にも、中年の調査員フォルケが派遣されてきて、「台所での行動パターン調査」は開始されるのだったが、、イザックは不信感と敵対心を募らせていく―――。

uh4.jpg


会話を交わしてはならい規則に従い、真面目なフォルケはひたすら調査表と被験者をにらめっこ。
反撥したいイザックは、キッチンで料理を作らないボイコット。
ギクシャクしているふたりが、少しずつ会話を交わしはじめ、いつしか誕生日を祝い、酒を酌み交わすまでになっていく様を、ユーモラスに描きます。

人は誰かと繋がり合いたいと常に願っている。そうでなければ人生の孤独には耐えられないからだ。
イザックとフォルケにとっては、黄昏時に出会った気の合うお互いが、かけがえのない理解者になっていく。

いつも高みから、素朴なイザックの生活を眺めているフォルケ。彼を訪ねてくるのは、唯一、愛車のトラクターに乗った変な友人だけ。
コーヒーを飲んで、おしゃべりをして、ただ帰る。なんの変化もおきない毎日だ。
しかし、イザックの平穏な日々は、調査台とトレーラーハウスを行き来するだけのフォルケ自身によって、気づかないうちに変化をみせていくのだった―――。

fi_3228_0_g06.jpg


中盤、仲良くなっていくふたりに、イザックの友達が嫉妬心を募らせていく件がおもしろい。
思いあまった彼は、フォルケの寝床のトレーラーハウスを、トラックでこっそり運び出す。真夜中、そして線路上に置き去りにする・・・!
「・・消す!」
そんな彼の心の叫びが聞こえるよう(笑)
すんでのところでイザックに助けられたフォルケだが、そんなことは露知らず、、。なんともシューール!


常に人生の先には「死」がある、そんな会話も、イザックの愛馬が重い病気に罹っているらしいことも、ラストへの伏線となっていった。
出会いによって人生が変わった人たち。人と繋がったことで、新しい何かを発見した人たち。
『ホルテンさんのはじめての冒険』でもそうだったように、人生の変化に遅いも早いもないのだなぁとあらためて思う。
幾つになっても変われるし、自分らしくあることが素晴らしいし、「限りがある」ことを知ってなければ大切にできない事があるのだ。

ユーモアの後ろにこっそりと、胸の芯まで響くような切なさを用意しているベント・ハーメル作品に脱帽です。
評判どおり、すごくよかった。
じんわりじんわり、いつまでも残ってく感動。北欧らしいぬくもり。



●  ●  ●  ●



監督/ ベント・ハーメル
製作・脚本/ ベント・ハーメル  ヨルゲン・ベリマルク
撮影/ フィリップ・オガールド
音楽/ ハンス・マティーセン
出演/ ヨアキム・カルメイヤー  トーマス・ノールシュトローム  ビョルン・フローバルグ

(カラー/95分/ノルウェー=スウェーデン合作)








Last updated  2016.02.11 15:57:28
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【キッチン・ストーリー(SALMER FRA KJOKKENET)】 2003年 繋がりあえるしあわせ(09/08)   リラ11 さん
絶対話してはいけない、とか、あの高い椅子に登っての調査というのが何かおかしくて。
あちらの映画はゆったり、ほのぼのしたものが多いので疲れません。
癒される作品でした。 (2009.09.11 12:56:09)

リラ11さん    はる*37 さん
これは可笑しいですよね~
ユーモアのオブラートに包まれて やさしくシリアスが覗く辺りが とても好きです。

北欧のほのぼのはほんとに魅力ですね~ (2009.09.13 19:50:38)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.