1305242 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.10.15
XML

 チェコスロヴァキアに伝わる民話や伝説を、オムニバスで描いた人形による歴史劇。国の由来を、ミュージカルや活劇仕立てで、スケール大きく描いています。

ここまで幾つかトルンカ作品を観てきて、『チェコの四季』に次ぐ、真面目な作品でした。
歴史を知るにはいいけれど、おもしろさはあまりない。大人向け作品といえそうです。
『真夏の夜の夢』や『皇帝の鴬』といった、ファンタジックなものが好きな私には、幾度か眠気が訪れた大作。

音楽はとても良いです。たくさんのミュージカルシーン、澄んだ歌声に、耳を傾けるのもまた楽しい。
史劇ゆえ欠かせない戦闘シーンは、複数の人形が、複雑な動きをしていて感動ものでした。

欲をいえば、愛嬌あるキャラが欲しかったです。 ずっと真面目よりは、ユーモアがほしい。





監督  イジー・トルンカ
原作  アロイス・イラーセク
脚本  イジー・トルンカ  イジー・ブルデチュカ
音楽  ヴァーツラフ・トロヤン

(カラー/88分)







Last updated  2009.10.16 23:17:23
コメント(0) | コメントを書く
[チェコ(スロバキア)映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.