1051138 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…
はる **@ 荻々亭主人さん 観ましたよ。これまた凄かったです。 …

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.11.16
XML
カテゴリ:ポーランド映画

 シアターキノにて、一週間上映されている『キェシロフスキ・プリズム』

キノでは、7作品のなかから、順次日替わりで2~3作品上映しています。20日(金)まで。
今回上映された日本初公開の作品群は、権利関係上DVD発売が出来ない、上映自体が貴重なもの。
できることならすべて観たかった・・・!
月曜日、仕事あと、『スティル・アライヴ』と『スタッフ』を鑑賞してきました。 


 ポーランド映画界の至宝、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の没後10年を記念して作られた記録映画。
学生時代に始めたドキュメンタリー製作から、20数本に及ぶ監督作品について、キェシロフスキ自身の貴重な声や、スタッフ、友人らの証言を織り交ぜて綴る―――



 キェシロフスキが急逝したのは1996年3月。
当時、まだ氏の作品だと意識せず、遺作『トリコロール』が好きだった私は、ずっと亡くなった実感がないままでした。
このドキュメンタリーを観てはじめて、その偉大さや人となりを知り、もういないことも実感しています。
いまでは、敬愛する監督のひとりとして、大好きになっているキェシロフスキ。その息吹を感じる、出会えてうれい作品。

   Krzysztof-Kieslowski.jpg

寝る間も惜しんで、身を削って映画を撮り、命を縮めてしまった人。心に切り込んでくる、人間の本質に触れた素晴らしい作品は、そうして生まれた。
悩んでいたことも、突然得た名声への戸惑いも、いろんなことが初耳で感慨深いです。

本国ポーランドを見つめ続けた作品群から、誇りと深い愛が感じられるわけも、よく理解できる。
偶然、運命――多くの作品のテーマとなったそれらを描く感性が、理屈抜きで胸に沁みてくるのは、キェシロフスキ自身の魅力に他なりません。
ゆかりある人物や本人の言葉は貴重で、ファンには必見のドキュメンタリーになっています。

証言に登場するのは、アニエスカ・ホランド、イレーヌ・ジャコブ、ジュリエット・ビノシュ、作曲家ズビグニェフ・プレイスネル、ヴィム・ヴェンダース、などなど。

「内面に迫りたい」「人間の真実を描きたい」

そう願ったキェシロフスキ監督の映像世界は、たしかに人の内面を描いていたし、真実に切り込んでいた。
これからも『トリコロール』『デカローグ』シリーズは、何度でも観たくなると思う。

 


監督/ マリア・ズマシュ=コチャノヴィチ
脚本/ スタニスワフ・ザヴィシリンスキ
撮影/ アンジェイ・アダムチャク
編集/ グラジナ・グラドン
製作/ スワヴォミル・サワモン

(カラー/82分)







Last updated  2009.11.19 21:39:35
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.