000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2009.12.29
XML
カテゴリ:アメリカ映画

  平和主義者の学者である夫デビッド(ホフマン)は、妻エミー(ジョージ)の田舎があるイギリスの片田舎へ、研究と執筆に専念するため移り住んできた。
そんな彼らを、癖のある武骨な村の男たちは、しだいにいたぶり痛めつけ始める。忍耐の限界に達したデビッドが、ついに鬱屈した怒りを爆発させていく様を描く―――。

ペキンパー監督は、とにかく男気映画を撮る人だけれど、この作品はすごい。最初から最後まで、不毛で不愉快な暴力が続く。 
田舎男たちの言動があまりに酷すぎるのだ・・・。イギリスの片田舎ってこんなんだっけ。

dogs35lc.jpg


男たちがいたぶるのは、デビッドだけでなく、町の精神薄弱者ジョン(アーン)に対しても。
学者夫婦の新生活が崩壊していく物語のなかに、ジョンが引き起こしてしまう思いがけない事件も絡んで、事態は後戻りできない悲劇の結末を迎える。

いくらヒドイといっても一人くらい良心ある者が・・・なんて甘い。この作品に限っては誰も感情移入できそうな人物がいないのだ。
デビッドは平和主義者という役どころさえ疑問なほど、冷淡な男だし。キレたら怖いし。
男たちに色目を使われるエミーは、嫌がっていながら何気に思わせぶりだし。
むかし関係を持っていた男ベナーたちに暴行された時だって、彼女は本気で嫌がってはないようで・・・その反応おかしくない?! とツッコミを入れたくなったほど。

ちなみに、エミーを演じるスーザン・ジョージの表情は、始終変わらない。ずっと同じ顔をているのが、気になってしかたなかった。
ノーブラで歩いて襲われるというのも、どうかと、、。
こんな女性、実際にはいないでしょうと、再びツッコミを入れたくなるようなヒロインだったりするのだ。


ペキンパー監督が贈る男気映画。
男性的な感覚を全面に押し出して描くと、必然的にこういう作品になっていくのだろう。
評価は大きく分かれても、それが個性と知ってみれば、自ずと高評価できそう。

straw_dogs1.jpg


終盤、少女を誤って殺めてしまったジョンを匿いながら、自宅の邸に立てこもり、町の悪漢ヘッドン一家と戦闘を繰り広げていく、デビッドの豹変した姿は必見もの。
若かりし頃のダスティン・ホフマンは好きで、いろいろ観漁った時期があったけれど、本編での彼はまさにぶっとんでいる!
これでもかというほどの鬼気迫る演技が素晴らしい。

バイオレンスに満ち満ちた本編は、カットバックを多用した怖い映像で溢れていて、いままで見たことのないようなタイプの、ほんとの意味での暴力映画だといえそうだ。




●   ●   ●   ●



監督/ サム・ペキンパー
原作/ ゴードン・M・ウィリアムズ
脚本/ サム・ペキンパー  デヴィッド・Z・グッドマン
撮影/ ジョン・コキロン
音楽/ ジェリー・フィールディング
出演/ ダスティン・ホフマン  スーザン・ジョージ  ピーター・ヴォーン  ピーター・アーン

(カラー/118分)







Last updated  2009.12.30 23:20:33
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.