1330409 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.01.03
XML
カテゴリ:ルーマニア映画

 自身もロマの血が流れているというトニー・ガトリフ監督。これまでにも沢山のロマをテーマとした作品を撮っている。

 《あらすじ》 父の遺したジプシーの歌のテープに魅せられ、パリからやってきた青年ステファンは、幻の歌姫を探して旅するうちに、ロマの村に辿りつく。
当初はよそ者扱いされるが、次第に彼らにとけ込んでゆき、ジプシーの娘と恋に落ちるのだった―――。

sff-U-GadjoDilo3.jpg sff-U-GadjoDilo2.jpg


ロマの人々について、恥ずかしながらわたしはなにも知らなかった。
ロマが生みの親であるというジプシー音楽の魅力も、放浪の民の悲しい歴史が、今もなお続いていることも。

陽気で、ちょっと間の抜けたオフロード・ムービーは、敬愛するエミール・クストリッツァ作品のノリに似ていて好きだ。きっと二人には、同じように体内に音楽が流れているのだろな。
陽気でありながら、民族の悲しさ漂う。

006ss.jpg 024ss.jpg


旅人だった父親の、歩いた道を辿る青年ステファンは、歌姫を探しながらたくさんのことに出会う。憧れの音楽に触れ、民の魅力に触れ、思いがけず、偏見と蔑みに合う彼らの真実にも出会って、村を去りがたくなる。
魅力的なジプシーの娘に恋してしまったことで、ますます去りがたくなり、彼らの生活により近く接近していくのだった。
映像特典を観ると、ステファンの恋は想定外だったらしく、その後の展開を、大きく変えたのだとか。
旅の終わりに彼が出す答えと、取った行動も見どころのひとつ。


ステファン役を演じた、ロマン・デュリスの笑顔がいい――と聞いていたけれど、まったくの同感。彼の「へらっ」とか「にこっ」とかする表情にやられるー。
言葉の通じない土地で、体当たり的演技をする、素ではないかと見間違うほどの、ナチュラルな存在感がいい。
それ以上に、驚くべきは、村長イジドールを演じた役者でもなんでもない素人のイジドール・セルバンであった。イジドール役を探していた監督が、一目見て気に入ったという村長は、要所要所を抑えつつ、すっとぼけた、ドキュメンタリかのような自然な、ロベルト・ベニーニ並みの愛おしいやかましさで、台詞を捲し立てる。

彼らにとっての生業、音楽は誇り高く、楽手として、歌い踊るシーンが素晴らしかった。
音楽が真っ直ぐに心に響いてくる。


●   ●   ●   ●


監督・脚本・音楽/ トニー・ガトリフ
製作/ ドル・ミトラン
撮影/ エリック・ギシャル
出演/ ロマン・デュリス  ローナ・ハートナー  イジドール・セルバン

(カラー/100分/フランス=ルーマニア合作)







Last updated  2010.01.03 15:54:23
コメント(2) | コメントを書く
[ルーマニア映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.