1303542 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.02.14
XML
 
  ヤン・シュヴァンクマイエルが描く『不思議の国のアリス』。
氏の作品を敬愛する人にとっては、たまらないキッチュさだけれど、万人受けはぜったいにしないだろうな~。
『不思議の国のアリス』は、もともと、イギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンという人が、ルイス・キャロルのペンネームで書きあげた物語なのだそうだ。
児童書にしては、かなりブラックで奇妙なお話だと思ってきたけど。視点を変えたら、こんなにまで悪夢と化すのか!そう思ったらおかしかった。
キッチュというと、響きがかわい過ぎるから、同じ意味でもあえて俗悪と称したい感じ(笑)

 
4267465365_959a8fd960.jpg


登場する人間は、アリスを演じたクリスティーナ・コホトヴァちゃんだけ。アリスがちいさくなると、彼女の代わりに人形が役を引き継いで動く。
しかもその人形がちょっとホラーチックで不気味だったりするのだ。
得意の人形アニメーションとコマ撮りで、3年の歳月を費やして撮りあげたのだそう。

相当グロテスクで、気持ちが悪いけどユーモラス。苦笑しながら見るもよし。
カチカチ鳴らす前歯がこわーい剥製のウサギや、珈琲めちゃくちゃ溢しながら内臓見えてるキチガイ帽子屋さんなど、キャラも濃い。
女王だけでなく、どこまでもなんか酷いの、みんなが・・・。
人形アニメーションという手法の魅力が満載で、CGには出せない個性に満ちた、おもしろい無二の作品となっています。


ちなみに、今年公開の『アリス・イン・ワンダーランド』も、不思議の国のアリスがモデルとなっている。
監督はティム・バートン、ジョニー・デップ主演で、アリスの10年後を描くとか。なんだかバートン・ワンダーランドでこちらも面白そう!
『不思議の国のアリス』はどんな風にも解釈できる、大人にとっても興味湧く題材なのだなぁ。
今回DVDを買ったけれど、シュヴァンクマイエル版はとても子ども向けではないので、しばらくは一人で楽しむことになりそうだ。 




●  ●  ●  ●



監督・脚本/ ヤン・シュヴァンクマイエル
製作/ ペーター・クリスティアン・フューター
撮影/ スヴァトプルク・マリー
出演/ クリスティーナ・コホトヴァ

(カラー/86分/チェコ=スイス=イギリス=西ドイツ合作)








Last updated  2011.06.14 04:45:01
コメント(0) | コメントを書く
[チェコ(スロバキア)映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.