1330161 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.04.29
XML
カテゴリ:日本映画

 川端康成の『山の音』を、成瀬巳喜男監督で映画化した文芸もの。
<日本人の心情の本質を描くことに長けている>
という川端作品を、まだ一度も読んだことがないので、内容にちょっと驚かされてしまった。

 夫の両親と4人で暮らす菊子は、なかなか子宝に恵まれない以外に何不自由なく暮らす、貞淑な妻であり、良き長男の嫁だった。
ところがある日を境に、夫・修一が外に女をつくり、両親と菊子の心労は募っていく・・・・・。


むかしの日本人女性らしく、菊子はだまって静かに耐えている。
その苦しみを一番理解して、事態を動かそうとするのが義理の父・信吾なのだけれど、彼の胸中には複雑な想いがあるのだった。
老境に差しかかった父の、長男の嫁・菊子に対するプラトニックな情愛――――。
じつにさり気なく、奥ゆかしく描いてはいるものの、信吾の献身的な労わりや視線に、何気に心がざわざわとしてきてしまう。


一方、夫の修一には腹が立ちっぱなし。威張った態度や、菊子に対する冷酷さがイヤ。
演じているのは上原謙で、『有りがたうさん』『めし』では爽やかな優男役が似合っていたはずだったが、本作のコクのない亭主関白役には、なにげに虫唾が走ってしまった。


終盤、別離へと物語はむかっていく。
菊子は信吾のすすめで、しばらく実家へ帰ることに決めたのだ。義父の優しい気遣いに感謝しつつ、別れに涙する菊子。「便りをくれ」という信吾の本心が切なかった。
修一よりもお似合いに映る、信吾と菊子。肝心の修一の心がちっとも伝わらないのは、ふたりほどに心理描写を丁寧に描かれていなかったからだろう。
主人公はあくまでも、父・信吾と、嫁・菊子なのだった。

上原謙と、父親を演じた山村聡では、なんと山村聡のほうが一歳若かったのだそうだ。
老けメイクをして信吾を演じていたからこそ、菊子(原節子)とのツーショットがやけに艶っぽかったのね。
夫婦の物語だと思って観ると、思いがけない内容に驚かされるかもしれない。川端康成が、ちょっと読んでみたくなったなぁ。
ちなみに、前出の成瀬監督作『めし』では、川端康成が監修を務めていた。




監督/ 成瀬巳喜男
原作/ 川端康成
脚本/ 水木洋子
出演/ 原節子  上原謙  山村聡

(モノクロ/95min)







Last updated  2010.05.02 19:19:06
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.