1358838 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

大いなる駄作「ター… タケ88フミさん

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.06.15
XML
テーマ:読書(3191)
カテゴリ:

 失踪した夫を思いつつ、恋人の青茲と付き合う京は、夫の日記に「真鶴」という文字を見つける。夫は「真鶴」にいるのか? “ ついてくるもの ”にひかれて、京は度々「真鶴」を訪れる――――。  


 最愛のひとだったはずの夫が、突然失踪して、ひとり娘と母と、女ばかり3人残された主人公の、喪失と再生の物語。
やはり、川上弘美の世界は不思議ちゃんだ。
淡々としているのに、ときどき濃厚。まっすぐな切なさはないれど、じんわり沁む至極にっぽん的な感覚がたまらない。
すぴりちゅある・わーるど・びゅー。

喪失感漂うなか、主人公・京(けい)についてくるもの
それはまさしく幽霊なのだけれども、じつはもうひとりの自分だったり、“ 作家自身 ”であったりする。
その“ ついてくるもの ”に導かれて、心神耗弱気味の主人公が、ありのままを受け入れ自然治癒していく。

女ばかりのなかで、夫を失った京と、もう何年もお付き合いしている妻子持ちの青茲(せいじ)との、会話や存在の関係性がおもしろい。
不倫しているわけで、じつはけっこう、どろどろしたことを描いているはずなのだけれど、川上節にかかると、透明で純粋な恋愛劇へと変わってしまう。
生きていくために必要不可欠な感情――――そんな強い絆をさらりと描いてみせる。


物語もさることながら、じつはわたしには、川上ワールドに登場する言葉が大好きだ。
多くの現代人が忘れてしまって使わないような、古風な語彙の数々。
それらは柔らかくて、さわりよくて、心地よく響く。きっと作者が意識して使っている、言葉遊びのようでもあるのだ。








Last updated  2010.06.17 00:47:04
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.