1302741 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.08.08
XML
カテゴリ:アメリカ映画

vertigo-1958.jpg


 ある事件で、ビルから危なく転落しかけ、それ以来高所恐怖症になってしまった元刑事。
ある時、友人から自殺願望のある妻の尾行を頼まれるが、その裏には危険な陰謀が隠されていた・・・・・!


 ヒッチコック作品は、私的には1950年代以降のものが好き。こちらは「死ぬまでに観たい映画1001本」に選ばれている傑作ミステリー。
 元刑事のジョンが、友人の妻マドレイヌを尾行するシーンは、とにかく甘美! 奇怪な彼女の行動は、過去の亡霊に操られているようで、心神喪失気味で、ジョンがすぐに惹かれていくのもムリないほどに美しい。 
2人にはいつしか愛が芽生える。しかしそんな矢先に、マドレイヌは吸いよせられるように自ら教会の塔に登り、彼女が予言した最悪のシナリオどおり飛び降りてしまう・・・恐怖で足の竦んだジョンの目の前で・・・。

高所がトラウマのジョンは、さらなるショックに見舞われ、ついに精神病院に入院してしまう、、。さんざん痛めつけられた彼を、女友達ミッジは優しく看病するが、その心にはすでにマドレイヌしかいない、、、。 なんとも嗜虐的。気の毒なほど。
心の病が治ったあと、マドレイヌのことを忘れられないジョンは、思い出の場所を巡りながら感傷におぼれて時を過ごす。やがて、彼女にそっくりな女性に、出会うまでは・・・・。

この後半から、なんともシニカルなヒッチコックらしさが炸裂する。予備知識がなければ、より楽しめるのではないかなぁ。さんざんなジョンが知る事実や、マドレイヌの真実には、良くできた仕掛けがいっぱいです。
なんだそうだったのか~と。

Vertigo%20pic%204.jpg


ヒッチコックぽくないといえば、↑ このVFXもか(笑)
神経衰弱のジョンがみた、幻想や強迫観念が、すごいことになって映像化されていて心奪われた。『HOUSE』ぽくて好きだー。こういうの。
名だたる名画に出演しているジェームズ・スチュワートは、相変わらずうまいけれど、マドレイヌとそっくりさんの二役演じたキム・ノヴァクの変身ぶりも見事なので、注目。
街角で出会ったそっくりさんを、神経症気味なジョンがマドレイヌに仕立てていく件・・・・・おっかないです。病的です。
1950年代以降のヒッチコック作品は、内容だけじゃなく、どこのシーンをとっても絵になるスクリーンが魅力。


d2f695a4a35d38185af0b5d09375b43c.jpg





監督・製作/ アルフレッド・ヒッチコック
原作/ ピエール・ボワロー  トーマス・ナルスジャック
脚本/ アレック・コッペル  サミュエル・テイラー
撮影/ ロバート・バークス
音楽/ バーナード・ハーマン
出演/ ジェームズ・スチュワート  キム・ノヴァク  バーバラ・ベル・ゲデス

(カラー/128分)








Last updated  2010.08.12 21:54:22
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.