1319979 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.08.22
XML
カテゴリ:アメリカ映画

the_elephant_man.jpg

 19世紀末のロンドン。奇怪な容姿から“ 象人間 ”と呼ばれる21歳の青年ジョン・メリック(ハート)は、外科医フレデリック(ホプキンス)によって、見世物小屋から病院へ連れて来られる。隔離病棟で彼は、様々な人々と交流し、虐待や同情を通じてを知っていくのだが――――。


 デビュー作『イレイザーヘッド』が伝説的なカルトムービーとなった、デヴィッド・リンチの長編第2作。単純なヒューマニズムとは言いがたい、人間の残酷心理と本能を露呈した、異色のドラマ。
その奇怪な外見から、だれからも怖れられ、奇異の目で見られるジョン・メリック。
彼の内面が、本編に登場する何者よりも、穢れなく、人間らしさに溢れていることを知るにつけ、奇妙な罪悪感におそわれる。

彼をひとりの人間として扱う者、いつまでも見世物として扱い続ける者・・・・。
そう線を引いてしまえば、単純に行動をふたつに分けることができるけれど、内面まではわからない。
見世物小屋で彼を発見し、病院に入れた外科医フレデリックにあるのは、親切心だけなのか? 否、そこに名誉欲はたしかに存在している。だからこそ、彼は悩み、「自分は善人であるのか?」と妻に問いかけることになるのだ。
同じように、布切れを被った“ 象人間”を前に、その姿を早く見たいと思う、自分自身のえげつない欲求も、はっきりと自覚する。
彼を見世物として扱った人でなしと、なんら変わらない内面が、だれにだってあることを“ 象人間=ジョン・メリック ”は教えてくれるのだった。

imgf3ecd151zik5zj.jpg img80a7b44dzikdzj.jpg

とはいえ、フレデリックの努力と協力で、ジョンは人間らしさを取り戻し、病院内とはいえ尊厳を持って暮らし始める。
中盤、彼のところを訪れることが、ブルジョアジーたちの流行となる様は、とてもシニカル。
後を絶たない来客者との面会のなかで、ジョンの物腰がさらに気品と知性を兼ね備えていくけれど、、、心ない者は、外見とのギャップを滑稽だと笑うのだった。
人間らしく賢明であろうとすればするほど、かなしい独りよがりを続けることになるジョンが痛々しい。
ついに、病院を飛び出し、フリークとして見世物小屋へ逆戻りしてしまうジョンの哀しさは、想像するに余りある・・・。


隔離病棟の一室で、ジョンが一心に作り続けるペーパークラフトが、彼の心を象徴していた。人目をひく外見から、外出さえできないジョンは、屋根しか見えない窓の外の礼拝堂を、想像にたよって工作して過ごしている。まるで箱庭療法のように。
動物じゃない、ひとりの人間として生まれ変わるま日で、そのペーパークラフトは、少しずつ出来上がり、崩れたりしながら、見事に完成される時がやってくる。

亡き母親の代わりに、ジョンに母性を与えた、名女優の存在も忘れがたい。フレデリックの招待で生まれて初めて舞台を観た、感激したジョンの姿が印象的。
幻想的でものすごく美しい劇中劇は大好きだった。
女優役はアン・バンクロフト。バンクロフトといえば、20年前、『奇跡の人』で奇跡のケアを成し遂げたサリヴァン先生役が有名。本作では、夫で映画監督でもあるメル・ブルックスが製作総指揮に携わっている。
ジョン・ハート演じる物悲しいエレファントマンの仕草が素晴らしかった。苦悩する善意ある医者には、若きアンソニー・ホプキンス。



  †   †   †


監督/ デヴィッド・リンチ
製作/ ジョナサン・サンガー
製作総指揮/ スチュアート・コーンフェルド  メル・ブルックス
原作/ フレデリック・トリーブス  アシュリー・モンダギュー
脚本/ クリストファー・デヴォア  エリック・バーグレン  デヴィッド・リンチ
撮影/ フレディ・フランシス
音楽/ ジョン・モリス
出演/ ジョン・ハート  アンソニー・ホプキンス  アン・バンクロフト

(モノクロ/124分/THE ELEPHANT MAN/アメリカ=イギリス合作)








Last updated  2010.08.24 03:02:03
コメント(4) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


いい映画ですね♪   荻々亭主人 さん
ロケットの母親をプリティと言う、エレファントマンの母親(それがどんなにひどい母親でも)を慕う気持ちには感動してしまいます。

(*^ー゜)vPEACE!!!

(2010.08.24 13:09:33)

荻々亭主人さん   はる*37 さん
どんな過去があったにせよ、無垢なこころで
無条件に写真の母を慕う姿は、驚きでしたね。
主人公のジョン・メリックは、愛されるキャラだと思う。

くさい人間ドラマの枠に収まらず、エゲツナイ人間の習性を描いたことで、なんとも見応えのある作品になっていたと思います。

(2010.08.24 22:06:30)

Re:【エレファント・マン】 1980年 疎外されつづける象人間の悲哀(08/22)   ジウニー さん
これは観ましたよ
私にしては珍しい選択だったと思うので不思議だけど
なにか
ものすごく美しいものを見た気がして
感動で胸が震えたのを覚えています☆ (2010.08.28 21:13:22)

ジウニーさんへ   はる**** さん
ジウニーさんチョイスとしては、珍しいですね♪
ごらんになった作品で、話ができてうれしいです!


>なにかものすごく美しいものを見た気がして
>感動で胸が震えたのを覚えています

ジウニーさんは感受性が豊かだから~
わたしも、感動しました。
ジョンの精神は美しくて、ピュアで、見た目と相反していることで、ドキンとさせられます。
(2010.08.28 22:30:28)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.