000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…
はる **@ 荻々亭主人さん 観ましたよ。これまた凄かったです。 …

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.09.07
XML
カテゴリ:イラン映画

 イランの俊英、キアロスタミ監督による、ジグザグ道3部作の第1作。

 友だちのノートを間違えて持って帰ってきてしまった少年が、ノートを返しに、友だちの家を探し回る様子を、ドキュメンタリー・タッチで捉えた爽やかな小品。  (映画大全集より)


 はじめて観たイラン映画は、たぶん『運動靴と赤い金魚』(1997) だったと思う。それから数本、子どもたちの奮闘する物語を観たけれど、あまりの健気さに辟易気味となり、、、大人向けの良質な作品に幾つか出会ったあとは、しばらくイラン映画から遠ざかっていた。
久しぶりに観ようと手を伸ばしたのは、ずっと自宅にあった<ジグザグ道3部作>のVHS。

 キアロスタミ監督初期の作品なので、かれこれ20年以上は経っているから、その時代背景も考えつつ、やはり素朴、健気、意地らしい――のキーワードは外せない。『ホームワーク』でも感じたことだけれど、イランの大人たちは子どもに厳しいのだ。
主人公がどんなに困っていても、大人の対応は邪険で、ろくに話も聞かない。つねに孤軍奮闘。 

その日、ノートを忘れて先生にこっぴどく叱られた子のノートを、持ってきてしまった主人公。困って泣いているかと思うと、いても立ってもいられず、届けてあげることにするが、、、母親に出かけたいと話しても、いっこうに聞き入れてくれない。
次々と手伝いを言いつけながら、「宿題をしなさい!」の一点張り。
主人公は仕方なく、無断で友だちのうちを目指す。彼の家の場所もわからないまま――――。

ジグザク道を抜けて、通りすがりの人々に尋ねながら、不安そうに奔走する姿が幼気。
ついに、ともだちの家を知っているおじいさんに出会い、案内してもらうが、けっきょく見つけられずに、真っ暗になった道を引き返すのだった。
年老いたおじいさんの歩みが、なんともスローで、ヤキモキすること必至。

061_khaneYeDoustKodjast_01.jpg


自宅に帰って、夕飯も食べずに、宿題をはじめた少年は、翌日、遅刻して学校に着く。
あの友だちは、ノートがなくてすでに涙ぐみ、うな垂れているが・・・差し出したノートには、ちゃんと宿題が! 主人公は二人分の宿題を済ませていたのである。

日本人の感覚からすると、それは当然の成り行きで、同じ状況の場合、解決策は幾つでもある。しかし、イランではそうはいかなくて、電話もなくて、代わりのノートもない・・・友の家はすごく遠いし、家の手伝いをするから忙しい。
主人公の頑張りは、わたしたちが普段忘れてしまっている感覚を呼び覚ます。なにかを思い出させてくれる、良さがある。



†  †  †



監督: アッバス・キアロスタミ
製作: アリ・レザ・ザリン
脚本: アッバス・キアロスタミ
撮影: ホマユン・パイヴァール
出演: ババク・アハマッドプール
アハマッド・アハマッドプール
ゴダバクシュ・デファイエ
イラン・オタリ

(カラー/85min/KHANE-YE DOUST KODJAST?)









Last updated  2010.09.09 17:08:06
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.