1317901 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.09.27
XML
カテゴリ:イラン映画

 “ジグザグ道三部作”最終篇。
前作、「そして人生はつづく」に登場する、大地震の翌日に式を挙げた新婚夫婦の挿話を、元に生まれた作品。

 大地震に見舞われ、瓦礫と化したイラン北部の村。映画の撮影を手伝っていた地元の青年ホセインは、この夫役に抜擢される。妻を演じる少女タヘレとは、求婚してフラれた仲だ。
ホセインは一緒にいられる短い撮影のあいだ、何度も何度もアタックを繰り返すのだが・・・・。

映画のなかで、キアロスタミ監督役の人物が、さらに映画を撮っているという構成。気を長くして、繰り返されるカットに挑まないと、やはり眠気が襲う。
テイク1、テイク2・・・・・・テイク5くらいまで平気で続く劇中劇には、心のゆとりがなによりも評価を分けるところだろう。

ラストシーンのロングショット長回しは、果てしなく長い。オリーブの林のなかを、どんなにムシされても諦めないホセインが、延々とタヘレを追っていく場面だ。
ジグザグ道。遠のく人影。
VHSの粗い画面では、長回し早々、すでに何が起こっているのか細部はかき消され、目を凝らして、歩き去る二人の影と、ひとりで戻ってくるホセインになにがあったのか、想像を逞しくして見守るだけ。

素朴で懐かしい匂いのする、ほのぼのとしたこのシリーズ。こころ安らかな精神状態のときに観るのが良かったか、、、とひとりごちる。ただ、ペルシャのステキちゃんな息吹を存分に堪能できることは、やはりかなり魅力的だった。 



†   †   †
 

製作・監督・脚本/ アッバス・キアロスタミ
撮影/ ホセイン・ジャファリアン  ファルハッド・サバ
出演/ ホセイン・レザイ  モハマッド・アリ・シャバーズ  タヘレ・ラダニアン

(カラー/103分/ZIR-E DERAKHTAN-E ZEYTOON)








Last updated  2010.09.29 20:45:35
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.