000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.10.10
XML
カテゴリ:ソ連・ロシア映画
tumblr_kuomeq5tap1qz79zjo1_400.jpg ca29e95c.jpg


 一度見たら忘れられない、ソ連時代のSF作品を、数年ぶりに感傷、いや鑑賞。
 キン・ザ・ザ星雲にある惑星にワープした技師と学生が、奇妙な宇宙人たちと出会い、騙し合いと悪戦苦闘の数々が繰り広げられる。
1986年製作だから、けっして古くないのに、巷に溢れているSF映画とは一線を画す絶品シュールなおバカ映画。合言葉は 「クー!」 

kin-dza-dza6.jpg

とあるきっかけで、キン・ザ・ザ星雲へワープしてしまったふたりの男。この惑星では、差別や賄賂が横行し、富める卑劣漢たちが大手を振って暮らしている。
戸惑う彼らに、更なる服従の徴、屈辱の「クー」鼻輪が課せられるが・・・果たして無事に認識番号を手に入れて、“地球”へ生還することができるのか!?

見渡すかぎり乾いた砂で覆われた砂漠の惑星で、ふたりがはじめて遭遇する飛行物体に、早々から、ハートを撃ち抜かれてしまうこと必至。
降りてきたのは、異星人のウエフとパッツ人で、とにかくここから、ノンストップのシュールでゆる~い世界が繰り広げられていく。

この惑星では、なんとマッチが貴重品。マッチ欲しさに協力するパッツ人らと共に、可笑しなおかしな道行がはじまる。

74085437.jpg

伝説のおバカSF映画とはいえ、どうしてこれが、シニカルな要素を含んでいるので侮れない。横行するエゴと差別のなか、地球人たちのちょっとした優しさや郷愁に、なにげにホロっときてしまう。

異星の雰囲気を醸しだす、奇天烈なセットの数々がステキ。ショボくとも味わい深い、手作り感たっぷりな造形美。それらが絶妙な音楽とリズムに絡んで、なんともいえない小気味よさを演出している。怪作ちゅうの快作。
帰還する金を稼ぐため、興行して歩く彼らが歌うペーソス溢れる曲は、また暫く脳裏から離れそうにありません。

ズンチャン、ズンチャン。クー! ♪ マーマー、マーマー、どうしようー


kin-dza-dza3.jpg


監督/ ゲオルギー・ダネリア
脚本/ レヴァス・カブリアゼ  ゲオルギー・ダネリア
撮影/ パーヴェル・レーベシェフ
音楽/ ギア・カンチュリ
出演/ スタニスラフ・リュブシン  エフゲニー・レオーノフ

(カラー/134分/KIN-DZA-DZA)







Last updated  2010.10.11 19:51:20
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.