1305058 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2010.11.16
XML
カテゴリ:日本映画

331109_01_03_02.jpg


 劇場予告で気になってはいたものの、4時間という長尺に躊躇して、結局DVDを待ってしまった異色な恋愛映画。若者たちの息つく暇もない愛と信仰と懺悔の日々を、おそるべきパワーで描く青春ラブストーリー。
実話をベースにしてるとは、にわかに信じがたい!
こんなにも熱い血潮の流れた邦画との出会いに、若い監督と俳優たちの熱に、目眩を覚えながらうれしくなってくる。
危なすぎる疾走を続ける4時間、まったく飽きることがなかった。

331109_01_01_02.jpg


 敬虔なクリスチャン一家に育ったユウ(西島)。美しい母を幼いころに亡くしてからは、優しい神父の父(渡部)とふたりきりで暮らしてきた。
しかし、ある出来事を境に、父はユウに懺悔を強要するようになる。心優しいユウは父の期待に答えるべく懺悔のために毎日「罪作り」に励むようになる。
いつしかユウの罪作りはエスカレートし、気づけは天才的な盗 撮のカリスマとなっていた。
そんなある日、運命の女、ヨーコに出会ってユウは初めて恋に落ちる。しかし二人の背後には、謎の新興宗教団体の魔の手が迫っていた・・・・!迷える登場人物たちに、衝撃的なクライマックスが待ている―――。

331109_01_02_02.jpg


強烈な幼少期を過ごした普通じゃないヨーコは、暴力的でエキセントリックな娘に成長するが、聖書のなかに救いを求めたゆえ信仰心だけは篤い。ユウもまた、“聖母マリア”のような女性を探しているだけの敬虔なクリスチャンだった。ふたりは純粋ゆえに、どこまでも道を逸してしまうのだ。
その信仰心を利用するのが、かねてからユウに目を付けていた新興宗教団体のコイケ(安藤)。彼女は、“ゼロ教団”にユウの家族やヨーコを引きずり込み、ユウを孤立させ、ヨーコへの純愛を引き裂く手段にでる・・・・・。

TH400_NRR200944329-2.jpg


R-15指定の、「変態」って台詞が飛び交う際物ムービーなのかもしれないが、しかし、聖なるものと俗っぽさは表裏一体。ひとつのなかに両者が共存する作品が、わたしは好きだ。褒めすぎかもしれないけれど、ホドロフスキーの『サンタ・サングレ』を思い出していた。
精神は脆く、信仰を破るのは難い。けどそれらを凌駕するものがあるとすればそれはだ。若いころの強靭な想い。一途に相手を求めるはじめての純愛。若者たちにこそ、ぜひ観てほしい、そんな映画だった。アブナさを通り越したあとで、清々さと爽やかに満たされる。

主演を演じている、西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラの演技は最高にはじけていてスバラシイ!邦画もまだまだ捨てたもんじゃないなぁとしみじみ思う。そしてその演技を引き出したのは、紛れもなく園子温(その・しおん)監督。すごいひとだ。  

†   †   †

監督・原案・脚本/ 園子温
音楽/ 原田智英
主題歌/ ゆらゆら帝国
出演/ 西島隆弘  満島ひかり  安藤サクラ  渡部篤郎 渡辺真起子

(カラー/237分)








Last updated  2010.11.17 20:04:38
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.