1360081 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

大いなる駄作「ター… タケ88フミさん

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.01.07
XML
カテゴリ:

  『暮しの手帖』の編集長、ブックストアCOW BOOKS代表、文筆家と、多彩な顔を持つ松浦弥太郎氏のエッセイ集。
読めばおのずと、わが身の生活をかえりみて、慈しみたくなる。工夫してみたくなる。

若くして渡米した経験から、アメリカに造詣が深い方だった。その、かぶれたところがやや苦手だったが、モノを大切にするこだわった暮らしからは、なにかしら気づくことが多かった。
良いモノを長く使いたい――年々増す欲求。
高くても良いモノを買うと、愛着もって大切にして、結果長持ちするのだと、つくづく実感しているからだと思う。

著者は、もう、暫く洋服を買わない生活をつづけているという。お直ししながら、大切に着続けているという。
これは女には真似できないよ。あたらしい洋服はつねに欲しい。
冬物が好きで毛玉に愛着を感じる――ともあったけれど、さすがにずぼらなわたしでも、毛玉は愛でずに取っちゃうよね。

そのほか、に関すること、に関すること、この辺は、いいなと思うことが多かった。オーガニックにこだわる暮らしぶりは、本選びにも波及していそうなほどだ。
エッセイと随筆の違いについて触れた回は、とくにおもしろかった。80代のお客さんから受け取った手紙の内容と、その後のやりとり。
違いには言及しないまま、その回が終わってしまったので、wikipediaででも調べてみようかしらと思っている。

唯一、仕事に関しては、あまりに立派すぎて、、とてもついていけなかった。
いくら職場がたのしいといっても、人さまのためになることを一番に、心こめて仕事してるわけじゃないものなあ。けっきょくお金のためだし。献身と無償の精神で家事を行うほど、立派じゃないし、、。

口笛吹くように、かるい読み心地の(そう心がけて書かれた)エッセイは、ひとつひとつが短いので、とても読みやすい。
わたしがもしも文筆家で、本屋さんで、編集長なら、一生手元に残しておきたくさせる本を作りたいと願うだろうな。残念ながらこの本は、うちの本棚に長く収まっていることは、なさそうです。
 






Last updated  2011.01.08 01:36:27
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.