1050217 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…
はる **@ 荻々亭主人さん 観ましたよ。これまた凄かったです。 …

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.01.13
XML
カテゴリ:ハンガリー映画

 1950年代に運命的に出会い、身分の差を乗り越え結ばれたエミルとヘディ。
そんなふたりも、今や81歳と70歳の老夫婦。年金だけでは暮らしていけず、借金とりに追われる毎日だ。
そこへ、ついに管財人がやってきて、ふたりの思い出の品を、借金のカタに取りたててしまうところから事件ははじまる。
この一件を機に、それまで読書だけが唯一の趣味だった温厚なエミルが、ついにプッチン!! 年代物の愛車チャイカに乗り込み、ひとり郵便局強盗をはたらく―――。

愛し合う老夫婦の、命がけの逃避行は、理不尽な社会に対しての抵抗。人生の黄昏時くらい、なんの心痛もなく暮らしたいという、ささやかな願いさえ叶わない世の中に対しての反撥。
しかも、彼らには国への不信感を募らせる過去がいっぱいある。夫婦の人生は、地味に苦難の連続だったのだ。
若いふたりが出会った‘50年代、祖国ハンガリーはソ連の占領下にあり、ツライ時代を経験してきた。
結婚してからは、幼い息子が軍用車に轢かれ命を落とし、その喪失感は当然、一生涯癒えることはない。

72506_galeria_konyec8.jpg 0122konyec14.jpg

ボニーとクライドよろしく、犯罪を重ねながら逃げる道行きは、スリリング半分、ほのぼの全開。本を読み過ぎなエミルの、絵にかいたような行動は、滑稽であり、過去の名作に対するオマージュだらけでおもしろい。しかも、年寄りゆえ緩い。そして心は強い。

夫婦の物語と同時に進行する、もうひとつのドラマもステキ。
ふたりを追う刑事、アギとアンドルは元恋人同士の関係。じつは彼の子どもを身ごもっているアギは、アンドルの浮気を疑い、別れを告げたばかり・・・。ふたりは、エミル夫妻の逃避行に振り回されながらも、次第に、自分たちにとって本当に大切なものが何なのかを見つけていく。


「さいごに、海がみたかったわ・・・」

ついに逃げ場を絶たれ、アギを人質にしてキャンプ場に立てこもったふたりは、逃避行の終わりを覚悟して、そうヘディは呟く。
定石どおり、海のシーンで幕を下ろしてしまうのかーーと残念な予感さえ抱いたが、杞憂。ヨーロッパ映画の粋な演出は、期待を裏切らないのだった。
海へは行かず、救いのないデッドエンドでもなく、やられた!! と笑うしかない、後味最高のエンディングが用意されている。


この作品は、犯罪ドラマと同時に、二組のカップルのラブストーリーでもある。否、そちらに重きを置いているといっていい。
若いアギとアンドルが、元サヤにもどっていく展開のほのぼのもさることながら、冒頭と末尾に描かれる、エミルとヘディの出会いのシーンが何よりも秀逸だ。
共産党の要人の運転手だったエミルと、摘発された伯爵の令嬢のヘディ。出会って一瞬のうちに恋に落ちるシーンの瑞々しさが心を捉えて離さない。

時は流れ、いまは年老いて、思い出のイヤリングさえ借金のカタに取られてしまう、厳しい暮らしを強いられている今。拳銃片手に銀行を襲ったとしても、善良なふたりの起こした事件は世間の人々から共感を呼び、逃亡を一緒になって応援しちゃうわたしがいた。


†   †   †


監督/ ガーボル・ロホニ
出演/ エミル・ケレシュ エミル  テリ・フェルディ

(カラー/107分/KONYEC)






Last updated  2011.01.14 23:36:17
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.