1303389 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.02.23
XML
カテゴリ:アメリカ映画

 父の死をきっかけに、1年ものあいだ音信不通状態にあった兄弟は、再び結束を取り戻すため、インド北西部を走るダージリン急行に乗りこみ、母親に会う旅に出た。
3兄弟それぞれに悩みを抱えながら、父の死を乗り越え、自分たちを捨てた母親との再会を果たし、旅の果てに新たな明日を見つけられるのか――。


 立派だったらしい父親の面影に甘え、大人になりきれない3人は、いつまでも子どもみたい。長男フランシスは交通事故で大怪我、次男ピーターは妊娠中の妻と不仲、三男ジャックは恋人と別れたばかり・・・さんざんな状況で兄弟は再会する。
旅はおマヌケの連続。でも、こだわりの多い個性にほだされて、いつしか見守りたい気持ちになっている。旅先がインドとはいえ、むやみにインドネタで笑わせないし、さりげない異国情緒のうえに成り立つコメディは、心が和む。のらりくらりもバカ騒ぎも、微笑ましいのだった。

328945_01_06_02.jpg 328945_01_03_02.jpg


とある騒ぎで列車を追い出された兄弟は、下車した北インドの小さな村で、ひとつの<死>と遭遇する。
川で溺れている少年たちを見つけて、とっさに川に飛び込んだが、ひとりだけ助けてあげらえなかったのだ・・・・。
育ちの良さから善良な彼らは、ひどく心を痛めて、招かれるまま葬儀にも参列する。この出来事は彼らの浮ついた胸に響き、母親への道を近めるのだが・・・・現実は厳しい。

そろって神聖化してきた母親を演じているのはアンジェリカ・ヒューストン。この人がまた、息子たちよりも凛々しいからおかしい。父の葬儀さえドタキャンした、自立しすぎた母親は健在で、彼女のつれない仕打ちが、ちょっとだけ悲しくもあるが、甘ったれの兄弟に現実の厳しさを教えるには、絶妙な母親像なのだった。
旅の間に、少しだけ大人になった3人は、現実を受け止めて旅を続けていく。その先に見えるのは希望にほかならないのだけれど。。

富豪の父親が遺していった、お揃いの旅行鞄がやけにおかしい。
揃いも揃って重い荷物を抱えているのが、人生という名の旅まで、下手くそな彼らを物語る。
だからこそ、最後に、思い切って荷を捨てて、列車に飛び乗った判断は逞しくて潔くてうれしくなる。大好きなカウリスマキ作品にある自由さを感じる。
物からの束縛を解かれて心身共に身軽になった彼らの人生は、これからが本番なのに違いない。

本編のプロローグ的作品、短編『ホテル・シュヴァリエ』が、DVDに収録されていた。
物語は、三男ジャックとその恋人(ナタリー・ポートマン)がホテルの一室で織りなすドラマ。(10分くらい)伏線もあるので先に見ておくといいかも。



†   †   †


監督/ ウェス・アンダーソン
脚本/ ウェス・アンダーソン  ロマン・コッポラ  ジェイソン・シュワルツマン
出演/ オーウェン・ウィルソン  エイドリアン・ブロディ  ジェイソン・シュワルツマン

(カラー/91分)






Last updated  2011.03.01 08:41:08
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.