1333666 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.03.09
XML
カテゴリ:イギリス映画

o0550048010632462027.jpg o0550048010632462027.jpg


  近未来。エネルギーが枯渇した地球。月の裏側で採れる新しい燃料の採掘のため、世界最大の燃料会社と契約を交わした宇宙飛行士のサム・ベルは、たった一人、3年間の任務で月に滞在していた。
人工知能を持つロボットのガーティを相棒に、孤独と闘いながら仕事をこなしていたが、帰還を目前にしたある日、作業中に事故を起こし、診療室で目覚めた彼は、驚くべき事態が起こっていることに気づく―――。


 登場人物はほぼ、サム役のサム・ロックウェルのみ。低予算ながら、月面の荒涼とした情景や、無機質な施設の造形が、上質な雰囲気を醸し出していた。
クオリティーの高いCGセンスなど、とても初監督作品とは思えなかった。 

大けがを負ったサムは、診療室で目覚める。弱った体でガーティの元へいくと、そこには自分にそっくりな男がいる、、。
事態を飲み込めないサムに、男はいう。
自分たちは騙されている。自分たちはクローンだ、と。

唯一の心の支えだった、地球に暮らすはずの最愛の妻も、幼い娘も、すべて埋め込まれた記憶だと知ったとき、彼らが出す答えとは・・・・?

近未来では、ロボットは知能と一緒に感情を持つのだろうか。クローンもまた感情を持ったら、どんなことが起こるのか。こわくて、切なくて、やるせない近未来予想図。

クローンの体は3年で寿命をむかえてしまう。体は出血を繰り返し、高熱に冒されながらも、サムとサムが手を組み出した答えは、少なからず彼の死を無駄にしない建設的なものだった――。


冒頭で真っ白くて清潔だった基地が、サスペンスの緊張感度合いを高めていくうち、だんだん血に染まって汚れていく様が、対照的でインパクト大だった。
そつなく短尺にまとまった演出もすばらしい。
燃料供給会社は韓国資本という設定だったのだろうか。ちらりとハングル文字の映るシーンがあったけど。コンピューター画面に写し出された人物は、さりげなく「アニョンハセヨ」と言っていた。

やるせない、悲壮感。この気持ち、なんとなく『サイレント・ランニング』を思い出す。


†   †   †


監督・原案/ ダンカン・ジョーンズ
脚本/ ネイサン・パーカー
撮影/ ゲイリー・ショウ
音楽/ クリント・マンセル
出演/ サム・ロックウェル  ドミニク・マケリゴット  ケヴィン・スペイシー(声の出演)

(カラー/97min)






Last updated  2011.03.09 20:46:03
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【月に囚われた男(MOON)】 2009年 知らずにすんだら、どれほど楽だったか(03/09)   ヤスカイ さん
この映画とは直接関係ないんですが
昨日読んだチャペックの戯曲『ロボット』(ロボットの語源になった作品です)が、いわゆるこういったSFの原点のように感じました。ずっと読みたかったんですけど、こんな歳になるまでつい読みそびれてしまって・・・・。

そこには「ロボットの感情」がやっぱり重要な扱いになっています。その後も様々なお話しで扱われる普遍的テーマなんでしょうね。

ブログに書こうかと思ってますが、なにぶんいまいち調子が良くないうえに、相変わらずの忙しさで・・・
でも読んでいて『ターミネーター』なんて、ほとんどパクリじゃん・・・って思いましたし、その後のハリウッド映画はなんだかみんな似たようなお話でした。

この映画で「クローン」を扱うのは、やっぱり時代もあるんでしょうね。機械だけでなく、人間そのものも作ろうとしている人間・・・神さまはどうした? そんな感じですね。
(2011.03.09 21:55:50)

ヤスカイさんへ   はる ** さん
>チャペックの戯曲『ロボット』

<ロボット>はカレル・チャペックのこの戯曲が元だったんですね。
時代的にも、すべてのSFの原点はここなんでしょうか。
いつか読む機会があるかもしれません。


>「ロボットの感情」がやっぱり重要な扱いになっています

真剣に語られる近未来は、そう遠くないかも。。
100年も前に、それに気づいていたチャペック氏はすごいですよね。
『月に囚われた男』も『ターミネーター』やその他のSFも、たしかにパクリだったり二番煎じだったりするのかもしれませんが、それぞれの時代にあわせた人間とロボットの絡みから、時代を代表するいいものが生まれるのではないでしょうか。
創造する人間のほうも、きっと少しは進歩している。
そう信じなければアカルイミライはこない、ような気がします。
(2011.03.11 08:22:09)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.