1317510 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.03.25
XML
カテゴリ:アメリカ映画
 600full-foreign-correspondent-photo.jpg
 ヒッチコックのハリウッドにおける第二作目。
 第二次世界大戦勃発の危機に揺らぐヨーロッパの取材に派遣された、破天荒な米国人記者ジョーン
ズ(マクリー)。
ロンドンに着いた彼は、戦争を回避する要、オランダの元老ヴァン・メアと知り合うが、その直
後、メアは何者かに暗殺されてしまう。
犯人を追いかけたジョーンズは、暗殺されたのが替え玉であり、本人はナチの組織によって誘
拐されていたことを突き止めるのだったが・・・・自身も政治的陰謀に巻き込まれていく――。



 絵になる構図やシチュエーションから、『第三の男』を思い出し観ていたけれど、『海外特派
員』のほうが9年も前に作られているのだ。
犯人の隠れ家となった風車小屋での場面や、ラストの飛行機墜落シーンなど、1940年製作とは
思えないスリルがあった。
型破りのジョーンズが恋に落ちるのは、平和運動家フィッシャーの娘キャロル。
ヴァン・メアの歓迎パーティーで出会った二人は、それぞれの立場を越えて、すぐに愛しあうようにな
るのだが。。なにを隠そう、暗殺事件の黒幕は彼女の父親フィッシャーなのだった。
ふたりが下す決断と、愛の行方からも、目が離せない。
 
二転三転するストーリー展開と、名シーンの連続がとにかく良かった。
反ナチ、反戦映画であるとともに、スパイ・サスペンスものとして、娯楽作品としても楽しめる。
 


†   †   †


監督  アルフレッド・ヒッチコック
脚本  チャールズ・ベネット  ジョーン・ハリソン
音楽  アルフレッド・ニューマン
出演  ジョエル・マクリー  ラレイン・デイ  ジョージ・サンダース

(モノクロ/120分)






Last updated  2011.03.27 20:02:52
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.