1302597 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.05.03
XML
カテゴリ:ポーランド映画
334374_01_02_02.jpg

 ポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキの名前は、この作品ではじめて聞いた。
1991年の『Ferdydurke』以来、じつに17年ぶりの新作。過去のタイトルを眺めて
みると、見ておきたいタイトルがいろいろある。

 物語の舞台はポーランドの田舎町。病院の火葬場で働くレオンは、数年前にレイ
プ事件を偶然目撃してしまい、不運にも濡れ衣を着せられ逮捕されてしまった過去
を持つ。
出所後、レオンは、ずっと一緒に暮らした祖母の家に戻るが、その時の被害者アン
ナに心奪われ、いつしか自宅の窓から、彼女の部屋を覗くことが日課となるのだっ
た――。
 
 孤独で愚直な中年男の、一途すぎるがゆえの行動が、じつに奇妙で気味悪くて、
愛おしい。
不器用な純粋さが裏返って、<覗く>という変態行為にはしってしまう主人公の映
画には、『愛に関する短いフィルム』『仕立て屋の恋』などがあるけれども、どの作品
も、嫌悪感を過ぎたところに愛おしさを感じるから好きだ。
きっとたいていの方がそうだから、一連の作品は人気がある。

はじめは覗くだけだったのに、、。ある日、ずっと一緒に暮らした祖母が死んでひとり
ぼっちになってから、レオンはすこしだけ変わる。
なにかから解き放たれたように、祖母の思い出の品を燃やし、自宅の窓を改築して、
アンナを覗くことを生きがいとするのだった。
やがて、覗くだけで満足できなくなったレオンは、彼女の留守中部屋に忍び込み、砂
糖に睡眠薬を混ぜて、夜な夜な、深く眠った彼女の部屋に忍び込むようになる・・・・。

長いながいお話のようでいて、タイトルからもわかるように、それはたった4夜限りの
出来事。
ただ彼女のそばにいて、布団をかけて、爪にマネキュア塗って、お片づけして、取れ
そうなボタンつけて・・・そんなふうにして過ごしていた4日間。無防備に目の前で眠る
彼女を前に、究極のプラトニックを貫く。

334374_01_06_02.jpg334374_01_04_02.jpg
アンナの身になれば、それは強烈に気味悪いことだけれど、第三者感情としてはレオ
ンの恋が実ることを願っていたりする。不器用でマジメな彼が、愛を表現するにはこの
方法しかなかったのだから。
しかし、アンナが彼の行為を好意的に捉えるはずもなく、、再び法廷へ引きずり出され
たレオンの恋は儚く散ってしまう。。
でもそれをだれが笑えるというのだろう。
悲恋の先になにが待つのか、静かな悲しみの余韻が残って消えた。
 

ポーランド映画は、主人公がたいてい美男美女でないところに魅力があると思う。アン
ナもレオンも例外でなく、ふつうの男と女だからまた深い味わいが出る。
<覗く>純愛の物語――まだほかにも数作あれば、ジャンルとして確立できるね、きっと。

†   †   †

監督・製作/ イエジー・スコリモフスキ
脚本/ イエジー・スコリモフスキ  エヴァ・ピャスコフスカ 
音楽/ ミハウ・ロレンツ 
出演/ アルトゥール・ステランコ  キンガ・プレイス  イエジー・フェドロヴィチ 
(カラー/94min/ポーランド=フランス合作)






Last updated  2011.05.08 22:18:00
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.