1306528 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.05.14
XML
カテゴリ:ソ連・ロシア映画
russian-ark-3.jpg
 『太陽』が好きだった、アレクサンドル・ソクーロフ監督作。
こちらも、『死ぬまでに観たい映画1001本』に選ばれています。
世界遺産に認定されているエルミタージュ美術館を舞台に、90分ワンカット、編集なし、
本番一日という条件で撮影された異色のアート・ムービー。
 ソクーロフ監督は、気づくと19世紀のエルミタージュ美術館にいて、同じく迷い込んだ
フランス人外交官キュスティーヌ伯爵とともに、夢かうつつか、ロシアの歴史を巡る時間
旅行に出る――。

russian-ark-1.jpg

綿密な打ち合わせが生んだ、90分ワンカットの豪華絢爛な幻想譚だった。
エルミタージュの内部と、19世紀の衣装セットが、極上の90分を演出してくれる。
回りっぱなしカメラを持った監督や、スタッフやキャストたちの様子がおのずと妄
想されて、この企画が動き出した意図というものがちょっと知りたくなってしまった。
そういえば、どこかのテレビ局と協賛してエルミタージュ展をしきりに宣伝していた
のは、このときだっけ、、?
ロシア映画に分類したけれど、ドイツと日本も製作に携わっています。
 
 エルミタージュ美術館については――映画冒頭より。
 フランス語で “ 隠者の庵 ” を意味するロシア文化の粋を集めた美術館。
 18世紀にエカテリーナ二世がサンクトペテルブルクに建立。離宮と冬宮からなる。

†   †   †

監督/ アレクサンドル・ソクーロフ
脚本/ アナトリー・ニキーフォロフ  アレクサンドル・ソクーロフ 
撮影/ ティルマン・ビュットナー 
音楽/ セルゲイ・イェチェンコ 
出演/ セルゲイ・ドレイデン  マリヤ・クズネツォーワ  レオニード・モズゴヴォイ 
(カラー/96min/ロシア=ドイツ=日本合作)







Last updated  2011.05.15 16:08:48
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.