1330452 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.07.30
XML
カテゴリ:アメリカ映画
Fiddler-on-the-Roof-2.jpg

 数々の名作を生み出してきたノーマン・ジュイソン監督の傑作ミュージカル。ジュインソン作品は『夜の大捜査線』『ジャスティス』『月の輝く夜に』など私的に好きなものが多い。

舞台はウクライナ、心温まる家族の絆と、ユダヤ人迫害を描いたドラマ――。
この音楽この感動、高まるー。ジュイソン監督らしい、骨太なロマンある壮大な人生賛歌だった。


fiddler-on-the-roof-image.jpg


おどけた道化師、バイオリン弾きの存在がとにかくたまらなくいい。
長女ツァイテルの結婚式も、そこで踊るロシアンダンサーたちの陽気なコサックもたまらなくいい。
生きていくうえで必要不可欠といった感じの、大好きなクストリッツァ的、ラマ的な音楽の在り方が最高!

幸から不幸に一気に転換してしまうのは、あの『サウンド・オブ・ミュージック』みたい。
ユダヤ人迫害の動きが、なにもかもをグレーに変えてしまう。
それでも、時代に立ち向かっていく若者たちは戦い、娘の幸せをひたすらに願う両親の思いや希望だけは、だれにも奪うことはできない、力強さに満ちたスバラシイ作品だった。
もちろんユーモアの精神も忘れない。


父親を演じたトポルは『フォロー・ミー』が記憶に新しい。ちょっと別人ぽいけれど、どちらも大好きな作品になった。
トポルさんはイスラエル生まれ。
音楽はかのジョン・ウィリアムズ、いいわけだー。


fiddler-on-the-roof-broadway-movie-poster-9999-1020453728.jpg こちらは素敵な舞台ポスター



監督・製作/ ノーマン・ジュイソン
原作/ ショーラム・アレイハム
脚本/ ジョセフ・スタイン
出演/ トポル  ノーマ・クレーン  レナード・フレイ

(179min/FIDDLER ON THE ROOF)







Last updated  2011.07.31 20:17:13
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.