1330964 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.08.18
XML
カテゴリ:多国合作映画

Le%20Mepris%203.png

 チネチッタ撮影場を舞台に、フリッツ・ラングが「オデッセイア」を製作するという設定で、脚本家の夫とその妻の断絶をシニカルに描きだす――。


 私生活で、妻アンナ・カリーナとの仲を悩んでいたゴダールが、原作に自身の苦悩を投影して撮った作品だとか。
ふつうなら感情的になりそうなものを、観念的に昇華して一切感情移入させないのがスタイルか。
罵り、手をあげたりする場面はあっても、なんにも感じない。この断絶感とか、ポップさと辛辣の同居するチグハグさが、まさにゴダール。

舞台となったカプリ島にあるマラパルテ邸は有名な建物で、海辺の断崖はふたりの諍いの場面にぴったりだった。
夫がプロデューサーに卑屈になることを妻は許せない。嫌悪を露わに軽蔑するのだが、そんな彼女だって、アメリカ人プロデューサーに思わせぶりな態度をとって夫に見せつけたりする・・・・なんだかなぁなノリなのだ。

210923.jpg

とはいえ、たかが夫婦の諍いと侮れないのがゴダール作品。各国の業界人を登場させて、ハリウッド化のすすむヨーロッパ映画に警鐘を鳴らしているのです。
舞台はイタリア、夫婦はフランス人、フリッツ・ラング(ご本人)はオーストリア生まれの名監督、アメリカ人プロデューサーは「シェーン」の俳優ジャック・パランスが演じている。
劇中映画を撮るラングの撮影風景と、意味深長な台詞も第二のみどころ。

脚本家の妻を演じたブリジット・バルドーのしなやかなヌードが綺麗だった。色気たっぷりな面立ちと肢体は超セクシイ。
彼女の辛辣なデッドエンドだけがちょっとショックとはいえ、あまりにさり気なく幕が下りることに、かえって感心してしまう。


†      †      †

 


監督・脚本/ ジャン=リュック・ゴダール
原作/ アルベルト・モラヴィア
音楽/ ジョルジュ・ドルリュー
出演/ ミシェル・ピッコリ  ブリジット・バルドー  ジャック・パランス  フリッツ・ラング

(102分/フランス=イタリア=アメリカ合作)







Last updated  2011.08.19 21:42:30
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.