1303228 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.09.04
XML
カテゴリ:アルゼンチン映画

336596_01_02_02.jpg


 昨秋は映画館でボランティアをしながら、BGMに流れているアルバム『CAFE DE LOS MAE

STROS』を何度も聴いた。

1940年代~50年代、アルゼンチンタンゴの黄金時代を築いた伝説のマエストロたちによって、

レコーディングされたアルバム『CAFE DE LOS MAESTROS』。 情緒的でメランコリックなメロ

ディは、直接魂に語りかけてくるようで、とても好きだった。 

本作は、久しぶりに往年のメンバーが集い、そのレコーディングに臨む姿をフィルムに収めたド

キュメンタリー。歳相応に肉づいたマエストロたちの愛嬌ある会話や、語る思い出の数々、

タンゴへの愛。それぞれが情熱的な旋律とともに胸に響く。


336596_01_01_02.jpg


後半には、ブエノスアイレスのロン劇場で行われた、一夜限りのステージが収録されている。

魂込めた演奏を聴いているうちに、体が勝手にリズムをとっている――そんなとても心地のよい

素敵なドキュメンタリーになっている。

製作総指揮を担当したは『モーターサイクル・ダイアリーズ』『パリ・ジュテーム』の監督ウォルター

・サレス。『セントラル・ステーション』といい、この方の感性が好きだ。


336596_01_03_02.jpg



  監督  ミゲル・コアン

  出演  オラシオ・サルガン  レオポルド・フェデリコ  マリアーノ・モーレス 他

  (CAFE DE LOS MAESTOROS/92min)







Last updated  2011.09.06 15:09:17
コメント(2) | コメントを書く
[アルゼンチン映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.