1334109 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.09.08
XML
カテゴリ:メキシコ映画
 
335745_01_01_02.jpg

 ホンジュラスメキシコ。その歴史をほとんどしらない。
wikiによると、メキシコはスペイン植民地時代からスペイン語が公用語となり、革命、独立、戦争が繰り返されてきた国。(なのね)
気立てが熱くてノーてんきな国メキシコ・・・・とばかり思っていたけれど、まったく違っていて荒みぶりに驚いた。不法移民やギャング団が蔓延る過酷な物語は、切なくてやるせなかった。


 (あらすじ) ホンジュラスに暮らす少女サイラは、アメリカに渡った不法移民の父を持つ。ある日、その父親が強制送還され戻ってきて、今度はサイラと共に再びアメリカを目指すことになる。メキシコからアメリカ行きの貨物列車の屋根に乗り込み、父と叔父とサイラは命懸けの移動を開始する。
ちょうどその頃、リルマゴ率いるメキシコのギャング団は、無防備な移民たちを待ち構え、強盗を繰り返していたのだった―――。


ギャング団や鉄道警備員に怯えながら、一路アメリカを目指す移民たちの怖れていたことが、やがて現実となる。列車が停車した隙に、ギャング団が襲ってきたのだ。極悪非道のリマルゴは移民たちから金品を奪い、つぎにサイラを見つけて手込めにしようとする、、。
そこに助けに入ったのは、リマルゴと行動をともにしていたギャングのカスペル。
彼はリマルゴに愛する恋人を殺されたばかりで、恋人とサイラを重ねて憎しみからリマルゴを殺めてしまう・・・・・。
一転して、組織から追われる身となったカスペルは、移民たちに交じった列車での逃避行となる―――。


335745_01_03_02.jpg


自分を助けてくれたカスペルを気にかけるサイラ。サイラによって助けられながら旅を続けるカスペル。移民たちは元ギャングを憎み、サイラの父も関わることを禁ずるのだが、若いふたりの間は急速に近まり、心通わせていく。

人のいい彼に、いつの間にか好感持って助かってほしいと願っていたのに・・・・安っぽい映画のようには、そううまく行くはずがないのだった。
アメリカに新天地を夢見ても、執拗なギャング一味の魔の手は、ものずごい早さでカスペルを追い詰める。サイラに迷惑を掛けまいと、こっそり列車を下りたカスペルを、サイラはひとり覚悟を決めて追いかけ、ふたりで逃げる未来を選んでしまう。

彼らに待ち受ける結末は、もうわかりきっている。束の間、手をとりあって生きた若い男女の姿に、やるせなさと希望を同時に抱く。
希望を捨てないこと。過酷な国に生きるには、強くなくちゃダメだ。ゆるい日本に生きていると、そのひた向きな強さが驚異的なくらい眩しく映る。
サイラの未来に一筋の光が差す、電話ボックスのラストシーンがすごくよかった。



  監督・脚本  ケイリー・ジョージ・フクナガ
  製作  エイミー・カウフマン
  音楽  マルセロ・サルボス
  出演  エドガル・フローレス  パウリナ・ガイタン  クリスティアン・フェレール

  (カラー/96min/メキシコ=アメリカ/SIN NOMBRE)







Last updated  2011.09.10 21:39:35
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.