000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.11.30
XML
カテゴリ:映画
  ケン・ローチ監督ははじめて。
さいきん手に取った本のコラムに、ダニー・ボイルが『トレインスポッティング』で英国労働者映画のプチブームを生んで、このジャンルの大御所ケン・ローチの人気を結果的に底上げした――というのがあった。
社会派の向きある作品を撮りつづけているローチ作品は、『麦の穂をゆらす風』が好きになれたら、ほかにもいろいろ観てみたいなとおもう。

330796_01_07_02.jpg


 (あらすじ) 職業紹介所を突然クビにされたシングルマザーのアンジーは、ルームメイトを誘って、自ら職業斡旋のビジネスに乗り出した。一人息子のジェイミーを両親に預け、朝から晩まで働きづめの彼女だったが、必死さゆえに次第にモラルを踏み外していく―――。

アンジーという女性像は、おなじ女として相当痛々しいものがある。大切なものを見失って、野心に燃えて、空回りして傷ついて、それでもなお変われない。変わろうとしない。
ロンドンの不法移民問題や労働者問題を背景に、犯罪に片足を突っ込んだシングルマザーの、虚しい生き様を垣間見るのは哀しかった。
向けられた目はごく小さな範囲で、移民や低所得者しか登場せず、少ない製作費、短い上映時間であるのに、目を逸らすことができなくなった。暗い気持ちになりながらも、最後までアンジーの常軌を逸して行く姿を見届けてしまう。

いつか観たマイク・リー監督の『人生は、時々晴れ』も舞台はロンドンだっけ。荒んだ日常にある虚無や侘しさや貧しさゆえのダラしのなさは、もっとも嵌まりたくないものだった。
移民たちがこの国に逃れてきた理由とおなじように、低所得者階級に暮らす人々にも、なんらかの理由があるのだろうか。それは簡単には解決できない、なにか大きな社会の仕組みのせいなのだろうか。それとも嵌まらないにはまったく自己の問題なのだろうか。愛する人に必要とされ続けたい、切にそう思った。


監督  ケン・ローチ
脚本  ポール・ラヴァーティ
撮影  ナイジェル・ウィロウビー
音楽  ジョージ・フェントン
出演  カーストン・ウェアリング  ジュリエット・エリス

(96min/イギリス=イタリア=ドイツ=スペイン)







Last updated  2014.10.05 21:40:16
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


この作品   荻々亭主人 さん
ケン・ローチ監督作品のなかで、はじめてじっくり見入ってしまった作品です。どうもケン・ローチ作品は苦手だったのですが、この作品はいいですね♪

(*^ー゜)vPEACE!!!

(2011.12.02 10:26:10)

荻々亭主人さんへ   はる ** さん
>はじめてじっくり見入ってしまった作品です。


そうでしたかー。
ローチ監督の作品にいままで惹かれたことがなくて、こちらも『麦の穂をゆらす風』もレンタルする手がのびず
先日BSではいったものを録画したのでした。

とはいえ、目が離せなくなる作品なのは事実ですね。
もっと若い監督かと思ってましたが、70代とは驚きでした。 (2011.12.02 19:11:30)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.