1320558 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.12.18
XML
カテゴリ:スウェーデン映画
 1982年以来、映画界から遠ざかっていた巨匠イングマール・ベルイマンが、ふたたび映画に立ち戻って撮影した遺作。
『ある結婚の風景』の続編として、わざわざ30年後を描いた真意はわからないけれど、前作を見ていれば感じるところがあったのかも。(わたしは未見) 胸を抉る壮絶さは衰えをしらず、この辛さだけはベルイマンだなぁとおもう。

Beyond-Touch.jpg


(あらすじ) 63歳になるマリアンは、かつて夫婦だった元夫ヨハンが住む森の中の別荘を30年ぶりに訪れる。2人は過去の軋轢を感じさせない親密さをみせる。そんなヨハンは、別荘のそばに暮らす前妻との間の息子ヘンリックと、50年に及び憎しみあっていた。ヘンリックは、最愛の妻を病で亡くしてから、娘のカーリンだけを生甲斐としているのだが、カーリンには異常な束縛が苦しくてたまらない・・・。

3156924771_0043896644.jpg


家族だからこそ、遠慮と配慮が足らず愛も憎しみも深まるのだろう。家族だからこそ、不仲であっても、おいそれと関係を絶つことはできない。そうやってヨハン親子は50年もいがみ合ってきた。
偏屈で独裁的なヨハンの冷酷さに嫌悪をいだき、並行して描かれるヘンリックとカーリンの、間にチェロを挟んだ危うい関係を、痛々しく見る。
4者4様の苦しみと憎しみと愛の形があって、それは粘っこく、人物をアップで捉えるカメラにはうんざりしてしまうのだけれど。
30年後の続編とはいっても、本編のマリアンはあくまでも狂言まわしの役割。

ヘンリックの行きすぎた愛情やら、息子への嫉妬を露わにするヨハンやら、カーリンの告白やら、、おそろしい場面のおおいこと。『叫びとささやき』を思い出す。
孤独と死への恐怖に震えるヨハン老人が、惨めであればあるほど、ベルイマンらしい冷酷な独壇場。おもしろいとはお世辞にもいえない、でも類稀な遺作。ラストにそっと希望が添えてられているのが救い。



  監督・脚本  イングマール・ベルイマン
  製作  ピア・エーンヴァル
  出演  リヴ・ウルマン  エルランド・ヨセフソン  ボリエ・アールステット

  (112min)







Last updated  2011.12.18 15:41:08
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【サラバンド(SARABAND)】 2003年 30年ぶりの再会を機に、家族が直面する愛と憎しみ(12/18)   ジウニー さん
なるほど重そうなテーマですね。。
私も親と不仲だからラストの希望がどんなものか興味あります
画像からは良質な雰囲気もしますし
本の壁に囲まれてる画像は、なんかすごい^^ (2011.12.20 10:51:18)

ジウニーさんへ   はる ** さん
重たいですー

もうずっとハードディスクのなかで眠らせていましたが、
今年が終わる前に、、。

救いといっても、カーリンが父親の束縛を離れることと、冷酷なヨハンが死と孤独を味わい人間らしさを取り戻すくらいなのですよ。仄かすぎる希望ですね(笑)

上質なのは保証します。 (2011.12.20 22:16:44)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.